10th Anniversary of IT Research Art

当社 ITリサーチ・アートは、平成19年11月の設立以来、10年をすぎることができました。

脆弱性調査のためのリバースエンジニアリングの合法性の議論から始まり、プライバシーのコンジョイント調査、セキュリティインシデントと法の調査、通信の秘密、営業秘密、忘れられる権利、IoTのセキュリティと安全などについての国際調査など、本当にたくさんの調査に従事できたことを本当にうれしく、また、そのいずれのテーマも、わが国にとって先進的でチャレンジであったことを、我ながら、誇りにおもいます。

(ということで、調査実績をアップデートしました)

本年も

GDPR

といった最先端の国際調査を手がけることができます。

設立のときは、こんなに続けて、先進的な調査、それも、入札をへての調査(実感こもっているでしょ)ができるとは思ってもみませんでした。

今後は、さらに、先端的な分野(宇宙までいくか)や、実際のテクノロジーそのものへの挑戦をしたいとおもいます。

みなさま、今後ともご指導、ご鞭撻よろしくお願いします(あと、若い先生方は、一緒に遊んでね)。

平成29年11月 高橋郁夫

 

関連記事

  1. 三省共同電子契約サービスQ&A(3条関係)を読む
  2. サイバーセキュリティ大統領令
  3. ステーブルコインと電子決済手段の概念
  4. 検索市場の競争について-マイクロソフトポイント
  5. 積極的サイバー防御の「司令塔」新設へ…自衛隊や警察庁の指揮・民間…
  6. わかりやすい「デジタル署名の呪縛」例-ITメディアの記事
  7. 勝手に暴露されちゃった「Zero-day」(?)
  8. E.Jensen 「武力紛争における『ディープフェイク』適法か?…
PAGE TOP