10th Anniversary of IT Research Art

当社 ITリサーチ・アートは、平成19年11月の設立以来、10年をすぎることができました。

脆弱性調査のためのリバースエンジニアリングの合法性の議論から始まり、プライバシーのコンジョイント調査、セキュリティインシデントと法の調査、通信の秘密、営業秘密、忘れられる権利、IoTのセキュリティと安全などについての国際調査など、本当にたくさんの調査に従事できたことを本当にうれしく、また、そのいずれのテーマも、わが国にとって先進的でチャレンジであったことを、我ながら、誇りにおもいます。

(ということで、調査実績をアップデートしました)

本年も

GDPR

といった最先端の国際調査を手がけることができます。

設立のときは、こんなに続けて、先進的な調査、それも、入札をへての調査(実感こもっているでしょ)ができるとは思ってもみませんでした。

今後は、さらに、先端的な分野(宇宙までいくか)や、実際のテクノロジーそのものへの挑戦をしたいとおもいます。

みなさま、今後ともご指導、ご鞭撻よろしくお願いします(あと、若い先生方は、一緒に遊んでね)。

平成29年11月 高橋郁夫

 

関連記事

  1. 脅威インテリジェンスサービスの利用とコンプライアンス(1)
  2. 対ボットネットの法律問題の総合的考察 その7-ドイツにおけるハニ…
  3. 「サイバー攻撃の国際法」(タリン・マニュアル2.0の解説)を読む…
  4. デジタル時代の刑事法-第9回 成長戦略ワーキング・グループ
  5. 影響工作の定義-CSS CYBER DEFENSE “…
  6. シンポジウム「電子契約の過去・現在・未来-書面・押印・対面の見直…
  7. サイバー犯罪に対する法執行のシステム的対応
  8. 「主権バイ・デザイン」・戦略的自律-「デジタル主権」について追加…
PAGE TOP