10th Anniversary of IT Research Art

当社 ITリサーチ・アートは、平成19年11月の設立以来、10年をすぎることができました。

脆弱性調査のためのリバースエンジニアリングの合法性の議論から始まり、プライバシーのコンジョイント調査、セキュリティインシデントと法の調査、通信の秘密、営業秘密、忘れられる権利、IoTのセキュリティと安全などについての国際調査など、本当にたくさんの調査に従事できたことを本当にうれしく、また、そのいずれのテーマも、わが国にとって先進的でチャレンジであったことを、我ながら、誇りにおもいます。

(ということで、調査実績をアップデートしました)

本年も

GDPR

といった最先端の国際調査を手がけることができます。

設立のときは、こんなに続けて、先進的な調査、それも、入札をへての調査(実感こもっているでしょ)ができるとは思ってもみませんでした。

今後は、さらに、先端的な分野(宇宙までいくか)や、実際のテクノロジーそのものへの挑戦をしたいとおもいます。

みなさま、今後ともご指導、ご鞭撻よろしくお願いします(あと、若い先生方は、一緒に遊んでね)。

平成29年11月 高橋郁夫

 

関連記事

  1. アシュアランスレベルと法律との関わり-eKYCとIAL/AAL、…
  2. マイク・シュミット教授のニュージーランドのサイバーセキュリティ政…
  3. サイバー攻撃に「おとり」・・ウイルスを誘導
  4. ENISA 「トラストがあり、サイバーセキュアな欧州のための新戦…
  5. CyConX travel report Day Two Due…
  6. 「アクティブサイバー防御をめぐる比較法的検討」InfoCom r…
  7. CyConX travel report Day Two Due…
  8. デジタル・ジュネーブ条約
PAGE TOP