経済安保、官民で協議会 自民議連提言、機密情報の流出防ぐ

「経済安保、官民で協議会 自民議連提言、機密情報の流出防ぐ」という記事がでています(日本経済新聞令和3年5月20日付け)。

自民党のルール形成戦略議員連盟(甘利明会長)は、経済安全保障を巡り政府と経済団体が話し合う協議会の創設を求める提言を近くまとめる。IT(情報技術)や防衛といった機密を扱う国内企業への外資の出資や、サイバー攻撃での情報漏洩リスクの低減を狙う

ということだそうです。

ただし、今のところ、この提言のオリジナルは、公表されていないようです。

2020年12月22日 自由民主党政務調査会 新国際秩序創造戦略本部
「提言 『経済安全保障戦略策定』に向けて」」

の資料が参考になるのは、「経済安保2.0?-経済安保の担当役員設置、政府が主要企業に要請へ」のエントリでふれた通りです。

ルール形成戦略議員連盟(甘利明会長)は、昨年、「国際機関を通じた我が国のプレゼンス強化に関する提言」を公表しており、この提言と、今回の「提言」との関係とかは、実際の提言が公表されたら、確認したいと思います。

 

関連記事

  1. 2018年米国サイバー戦略をどう見るのか
  2. 中国 米「クリーン・ネットワーク」政策、中国発アプリ・クラウドも…
  3. EMPACTとサイバー犯罪対策(Project Nova) (2…
  4. ボットネット・テイクダウンの法律問題(初期) 後
  5. 脅威情報共有のプラットフォーム(4)-MISPとISO/IEC …
  6. 「住民票LINE交付巡り、技術提供会社が国を提訴」の記事
  7. サイバー影響工作のタイプとツール/技術-CSS CYBER DE…
  8. 欧州電気通信コードのもとでの通信プロバイダのセキュリティ手段ガイ…
PAGE TOP