米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(3)

パートDの「電子署名の要件」の分析に続いて、署名の要件を満たすというのをどのように考えていくかという分析になります。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(3)」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. ボットネット・テイクダウンの法律問題(初期) 後
  2. 国際的なサイバーテロの用語についての追加
  3. アクティブ防衛 再考
  4. 「「ハンコ重視」を広めた印鑑登録と民事訴訟法」は煽りの見出し?
  5. CLOUD法は「政府は企業が保有する個人情報を容易にアクセス可能…
  6. 政府、サイバー被害の深刻度指標 対抗措置の判断基準に
  7. リーガルマルウエアの法律問題(続)
  8. わかりやすい「デジタル署名の呪縛」例-ITメディアの記事
PAGE TOP