米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(2)

「連邦組織取引における電子署名の利用」(2013年1月25日)の分析の続きです。 (1)は、こちら。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(2)」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. フランス国防省のサイバースペースにおける作戦への国際法適用への見…
  2. アトリビューション-サイバー攻撃 名指し「反撃」
  3. 英国のサイバー軍 公式に登場
  4. 電子インボイス 規格vsプラットフォーム
  5. 「電子署名法の数奇な運命」キンドル出版に伴い電子署名関係のエント…
  6. eIDASのレビュープロセスからeIDAS2.0への途
  7. 無線通信干渉とサイバー兵器(?)
  8. 電子署名の概念整理(当事者型対クラウド型(リモート署名・立会人型…
PAGE TOP