米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(2)

「連邦組織取引における電子署名の利用」(2013年1月25日)の分析の続きです。 (1)は、こちら。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(2)」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 無線通信の「通信の秘密」の歴史
  2. 紫のライトセーバーと台湾の「科技偵查法草案」(とくに14条)をめ…
  3. パイプライン攻撃事件の法的論点 (「Good wife」の予言…
  4. 米国の営業秘密保護-字幕付きFBI -The Company M…
  5. 仮想通貨に対するFATFの動き
  6. デジタル通貨、厳格規制求める 欧州5カ国、「リブラ」は困難か
  7. IoTラベリングのアプローチ-セキュリティ/セーフティと市場・認…
  8. ワールド経済フォーラムの「サイバー犯罪防止-ISPの原則」(2)…
PAGE TOP