米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(2)

「連邦組織取引における電子署名の利用」(2013年1月25日)の分析の続きです。 (1)は、こちら。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(2)」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 英国のサイバー軍 公式に登場
  2. 取締役会の議事録承認 クラウドで電子署名 法務省、手続き簡素に
  3. 公文書管理法と電子契約 第3回 デジタルガバメント ワーキング・…
  4. EU報告書のIoTの定義
  5. 3条Q&Aの二要素認証の位置づけと印鑑の比較
  6. アップデートのお知らせ「新型コロナウイルス対プライバシー-コンタ…
  7. GCSCスタビリティ報告書 分析4
  8. パイプライン攻撃事件の法的論点 (支払うべきか、支払わざるべき…
PAGE TOP