「住民票LINE交付巡り、技術提供会社が国を提訴」の記事

「「総務省は常識を逸脱」 渋谷区と総務省が対立の“住民票LINE交付”巡り、技術提供会社が国を提訴」という記事が出ています。

この会社の訴状が、公表されています。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「「住民票LINE交付巡り、技術提供会社が国を提訴」の記事」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. NATO CCDCOE 武力紛争時のプライバシーの権利とデータ保…
  2. 中国 米「クリーン・ネットワーク」政策、中国発アプリ・クラウドも…
  3. 法的分析(FBIの未対策サーバのWebシェル削除を“代行”)
  4. PEPPOLとUBL
  5. ケネス・ギアス「ロシア・ウクライナ戦争におけるコンピュータ・ハッ…
  6. CyConX travel report Day -Zero C…
  7. 中国の「重要情報インフラセキュリティ保護規則」-保護の体系と脆弱…
  8. 「サイバーセキュリティパートナーシップ構築宣言」の経緯・現状・法…
PAGE TOP