「住民票LINE交付巡り、技術提供会社が国を提訴」の記事

「「総務省は常識を逸脱」 渋谷区と総務省が対立の“住民票LINE交付”巡り、技術提供会社が国を提訴」という記事が出ています。

この会社の訴状が、公表されています。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「「住民票LINE交付巡り、技術提供会社が国を提訴」の記事」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. CyCon2017 travel memo No.Zero
  2. 外為法の居住者への特定類型アプローチの導入
  3. 電子インボイス 規格vsプラットフォーム
  4. ソニーピクチヤーズ・エンターテイメント事件(2014)の復習
  5. オンラインサービスおける身元確認手法の整理に関する検討報告書
  6. 英国のサイバー軍 公式に登場
  7. 積極的サイバー防御の「司令塔」新設へ…自衛隊や警察庁の指揮・民間…
  8. 「基礎の修復:サイバー脅威情報共有が期待に応える方法とNATOへ…
PAGE TOP