「住民票LINE交付巡り、技術提供会社が国を提訴」の記事

「「総務省は常識を逸脱」 渋谷区と総務省が対立の“住民票LINE交付”巡り、技術提供会社が国を提訴」という記事が出ています。

この会社の訴状が、公表されています。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「「住民票LINE交付巡り、技術提供会社が国を提訴」の記事」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. CyCon 2019 travel memo day1 (2)
  2. CyConX travel report Day One  Se…
  3. CyCon2017 travel memo 3) before…
  4. グーグルの「市場独占」?
  5. 組織が発行するデータの信頼性を確保する制度に関する検討会取りまと…
  6. CyConX travel report Day Two Due…
  7. ジョセフ・ナイ 露のサイバー攻撃 戦闘伴わぬ「新兵器」
  8. 国家支援によるサイバー諜報行為 1
PAGE TOP