デジタルアイデンティティ周りの用語

米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」という報告書のパートFは、用語集です。

この周りは、結構、用語が使われていたときに、日本語訳がニュアンスが異なって伝わっていたりするので、このようなちゃんとした報告書で使われている用語を紹介して、もう一度、正確に定義をみてみるのは、有意義かと思います。

「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「デジタルアイデンティティ周りの用語」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 急増するIoT機器への攻撃、対策に不可欠な法的整備とは?
  2. FIRSTのトラフィック・ライト・プロトコル
  3. CyConX travel report Day Two key…
  4. 経済安保の法-インフラの海外IT活用に規制 政府、法に安保基準 …
  5. 「情報セキュリティベンダに対する刑事法の萎縮的効果と法律」の講演…
  6. 規範対国際法-英国のサイバースペースにおける国家の行為についての…
  7. 電子契約を扱う二冊の本
  8. ウイルス罪、有罪と無罪の境界はどこにあるのか (下)
PAGE TOP