デジタルアイデンティティ周りの用語

米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」という報告書のパートFは、用語集です。

この周りは、結構、用語が使われていたときに、日本語訳がニュアンスが異なって伝わっていたりするので、このようなちゃんとした報告書で使われている用語を紹介して、もう一度、正確に定義をみてみるのは、有意義かと思います。

「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「デジタルアイデンティティ周りの用語」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 先制的防衛の適法性-先制攻撃とユス・アド・ベルム(Jus Ad …
  2. オンラインでの個人識別.検証-第9回 成長戦略ワーキング・グルー…
  3. ワクチンパスポートと技術-WHO トラストフレームワーク
  4. コンタクトトレーシングについてのNHK BS1 キャッチのインタ…
  5. 「IoT・5G セキュリティ総合対策 2020」について
  6. ハッカーをライセンス制に、シンガポールのサイバーセキュリティ法案…
  7. フランス国防省のサイバースペースにおける作戦への国際法適用への見…
  8. IPA「重要インフラ事業者優先提供や脆弱性情報の取扱い判断基準な…
PAGE TOP