3条Q&Aの二要素認証の位置づけと印鑑の比較

さて「即実践!!電子契約」(日本加除出版)が重版出来(じゅうはんしゅったい)となりましたので、いわゆる3条Q&Aをなんとか、入れ込みたいと思って、再度、分析しています。

私のブログでは、国際比較法的に、しかもIT法の文脈みていくことが多いわけですか、そのような観点からみると、わが国の民事訴訟法の解説と、周波数があわないなあと思うことがあります。

海外だと署名の機能というのは、署名意図の表示、記録全体への署名のリンク、署名者の識別・文書の認証、インテグリティという感じで分析されるわけです。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「3条Q&Aの二要素認証の位置づけと印鑑の比較」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 「電子署名法の数奇な運命」キンドル出版に伴い電子署名関係のエント…
  2. 仮想通貨セッション@InternetWeek
  3. コンタクトトレーシングについてのNHK BS1 キャッチのインタ…
  4. 3条Q&Aの罪 「悔い改め」たのか?-第3回 デジタル…
  5. 電子署名の概念整理(当事者型対クラウド型(リモート署名・立会人型…
  6. 初体験/アラゴン・ハイ-DAOの法律問題-ワイオミングDAO法翻…
  7. DAOを作る/作ってみた時の法律問題
  8. eIDAS規則における保証レベルやモバイルeIDプロセス-ENI…
PAGE TOP