「無線LANただ乗り、電波法は「無罪」…懸念も」の判決文

平成29年4月27日の電波法違反の一部無罪の判決が裁判所の判例紹介にのっていたのを見つけたので、リンクを張っておきます
無罪の理由は、WEP鍵が、無線通信の存在及び内 容ではない、というものでした。ということで、私のブログの指摘は、間違っていませんでしたね。一安心。
ただ、ブログで指摘した、ルータの無権限利用という観点は、判決をみる限り、ヒントとなるような事実関係はないみたいですね。
 
 

関連記事

  1. ENISA「サプライチェーン攻撃の脅威状況」を読む
  2. インターネット上の海賊版対策に関する勉強会 資料(下)
  3. 11月26日 書籍付き「即実践!! 電子契約」著者解説セミナー …
  4. 英国の両用ツールについての詳細なガイドライン
  5. 2018年米国サイバー戦略をどう見るのか
  6. 米英のデータアクセス協定-法執行機関への直接情報提供要請
  7. クラウドの障害対応・フォレンジック-CSAのクラウド・インシデン…
  8. 影響工作の定義-CSS CYBER DEFENSE “…
PAGE TOP