西貝先生から「情報刑法Ⅰ-サイバーセキュリティ関連犯罪」を恵贈いただきました

個人的には、サイバー分野における刑事法のスタートは、SJG 事件(1990年 2 月 28 日)だと思っていますが、それから、30年超、決定版という書籍がでるにいたりました。

 

西貝先生から「情報刑法Ⅰ-サイバーセキュリティ関連犯罪」を恵贈いただきました。ありがとうございます。

(ちなみに、SJG事件については、「「アメリカにおけるハイテク犯罪に対する捜査手段の法的側面」報告書」を参照ください)

はしがきによると、第2巻は、コンテンツの内容にかかわる犯罪、第3巻は、刑事手続上の問題を取り扱うそうです。非常に興味深いです。

内容的には、非常に詳細に、ネットワーク上の刑事法の問題について触れられています。決定版であるとの評価がなされる本であると思います。

ちなみに、通信の秘密侵害罪について、第5章が割かれていたりします。西貝先生の担当です。今度、お会いしたときにでも、詳しくお話しさせていただきたいと考えています。

ということで、強くお薦めさせていただきます。

 

関連記事

  1. ランサムウエア被害に対するロイズの引受停止やその他のサイバー保険…
  2. NICT法改正と不正アクセス禁止法
  3. 脅威インテリジェンスサービスの利用とコンプライアンス(4)
  4. ロボットとコンピュータセキュリティ
  5. Cycon 2019 travel memo day2 (1)
  6. 動的IPアドレスは、「適法な利益 」のための利用(データ保護指令…
  7. Private Sector Cyber Defense: Ca…
  8. 米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(2)
PAGE TOP