西貝先生から「情報刑法Ⅰ-サイバーセキュリティ関連犯罪」を恵贈いただきました

個人的には、サイバー分野における刑事法のスタートは、SJG 事件(1990年 2 月 28 日)だと思っていますが、それから、30年超、決定版という書籍がでるにいたりました。

 

西貝先生から「情報刑法Ⅰ-サイバーセキュリティ関連犯罪」を恵贈いただきました。ありがとうございます。

(ちなみに、SJG事件については、「「アメリカにおけるハイテク犯罪に対する捜査手段の法的側面」報告書」を参照ください)

はしがきによると、第2巻は、コンテンツの内容にかかわる犯罪、第3巻は、刑事手続上の問題を取り扱うそうです。非常に興味深いです。

内容的には、非常に詳細に、ネットワーク上の刑事法の問題について触れられています。決定版であるとの評価がなされる本であると思います。

ちなみに、通信の秘密侵害罪について、第5章が割かれていたりします。西貝先生の担当です。今度、お会いしたときにでも、詳しくお話しさせていただきたいと考えています。

ということで、強くお薦めさせていただきます。

 

関連記事

  1. データ主権維持のための公的データの域内保存-フランスの国家クラウ…
  2. 中国のネットワークセキュリティ法のひとつの論点
  3. サイバーにおける自衛権、武力攻撃、武力行使、対抗措置
  4. 国際的なサイバーテロの用語についての追加
  5. イスラエル情報機関の「位置情報追跡」対「通信傍受」
  6. 電波法の「秘密の保護」と「空港にドローン見逃さない」
  7. 総務省 「IoTセキュリティ総合対策」の公表 (その2)
  8. マイク・シュミット教授のニュージーランドのサイバーセキュリティ政…
PAGE TOP