イタリアにおけるGDPRの国内への統合の概要

イタリアのGDPR施行法が明らかになりました。法案の官報は、こちらからみれます
この点についての記事(「イタリアは、GDPRを国内プライバシー法制に統合」)は、こちらです。
具体的な内容の概要について、簡単に紹介しておきます。
趣旨は、GDPRを国内法に統合するためのものです。
条文は、27条から成り立ちます。
章ごとにみると
1章 2003年データ保護法典の題および規定の変更( 1条 )
2章 2003年データ保護法典の1部に対する変更(2条(1)-(17))
3章 2003年データ保護法典の2部に対する変更(3条-12条)
4章 2003年データ保護法典の3部に対する変更(13条-16条)
5章 手続的規定(17条)
6章 経過、最終および財政的規定(18条-27条)
となっています。
具体的な内容については、次にみていきましょう。
 
 
 

関連記事

  1. プライバシーのcontextのコンテキスト?
  2. デジタル法務の実務Q&A 11月上旬発売です
  3. 英国データ保護法における越境データ流通の問題
  4. デジタル法務の実務Q&A 宣伝用ちらしです
  5. 英国データ保護法1998のデータ保護の原則
  6. 「トランプ大統領 ソーシャルメディア対象の大統領令に署名」と公表…
  7. 発信者情報開示のデザインの誤りはどこにあるのか?
  8. ケンブリッジアナリティカ事件のスライド
PAGE TOP