デジタル法務の実務Q&A 11月上旬発売です


 
 
 
 
 
 
「デジタル証拠の法律実務Q&A」に次ぐ、デジタル法シリーズ第2弾である「デジタル法務の実務Q&A」が、11月上旬に発売になります。
情報ガバナンスをベースに不正調査・個人情報保護、GDPR、仮想通貨、AI、APIなど現代社会で問題になる論点できる限りカバーしています。
あと、刑法の部分がすごく充実しています。デジタル証拠本は、官公庁にも支持されたと聞いています。官公庁さん、この本もよろしくお願いします。
デジタル証拠の本が、これだけ支持されたというのは、社会のデジタル化が、ついに法曹界も無視できないレベルにいたったということなのだろうと思います。しかしながら、社会は、その間に数歩も進んでいます。その社会にキャッチアップするというのが、この本のミッションです。チャットボットの設計図まで公開して、なんちゃってAIの法律問題を検討していたりしています。
ご購入いただけると幸いです。

関連記事

  1. NHK BS 「ダークサイドミステリー」に高橋郁夫が出演します
  2. GCSCスタビリティ報告書 分析9
  3. 日本IT団体連盟 政策委員会「知的財産戦略本部・インターネット上…
  4. コンタクトトレーシングのPIA COVIDSsafe (7) プ…
  5. 「相当な注意」に関する国家実行-米ロ首脳会談の議事内容とサイバー…
  6. マイク・シュミット教授のニュージーランドのサイバーセキュリティ政…
  7. 「情報セキュリティベンダに対する刑事法の萎縮的効果と法律」の講演…
  8. デジタル証拠の法律実務Q&A(第2版)が発売されます
PAGE TOP