デジタル法務の実務Q&A 11月上旬発売です


 
 
 
 
 
 
「デジタル証拠の法律実務Q&A」に次ぐ、デジタル法シリーズ第2弾である「デジタル法務の実務Q&A」が、11月上旬に発売になります。
情報ガバナンスをベースに不正調査・個人情報保護、GDPR、仮想通貨、AI、APIなど現代社会で問題になる論点できる限りカバーしています。
あと、刑法の部分がすごく充実しています。デジタル証拠本は、官公庁にも支持されたと聞いています。官公庁さん、この本もよろしくお願いします。
デジタル証拠の本が、これだけ支持されたというのは、社会のデジタル化が、ついに法曹界も無視できないレベルにいたったということなのだろうと思います。しかしながら、社会は、その間に数歩も進んでいます。その社会にキャッチアップするというのが、この本のミッションです。チャットボットの設計図まで公開して、なんちゃってAIの法律問題を検討していたりしています。
ご購入いただけると幸いです。

関連記事

  1. 「ダークパターン」の法的問題-ネットのワナをどう規制するのか?
  2. 域外適用と対抗措置、国家安全保障審査、提供禁止-成立した中国デー…
  3. 通信のデータについてのクラスわけ(1)
  4. サービスとしてのランサムウエア-「サイバー攻撃、実行容易に」の記…
  5. JNSAセキュリティ十大ニュース
  6. 「電子署名法の数奇な運命」を読むともらえる10のお土産
  7. アトリビューション-サイバー攻撃 名指し「反撃」
  8. 脆弱性と瑕疵の間に(再考)
PAGE TOP