デジタル法務の実務Q&A 11月上旬発売です


 
 
 
 
 
 
「デジタル証拠の法律実務Q&A」に次ぐ、デジタル法シリーズ第2弾である「デジタル法務の実務Q&A」が、11月上旬に発売になります。
情報ガバナンスをベースに不正調査・個人情報保護、GDPR、仮想通貨、AI、APIなど現代社会で問題になる論点できる限りカバーしています。
あと、刑法の部分がすごく充実しています。デジタル証拠本は、官公庁にも支持されたと聞いています。官公庁さん、この本もよろしくお願いします。
デジタル証拠の本が、これだけ支持されたというのは、社会のデジタル化が、ついに法曹界も無視できないレベルにいたったということなのだろうと思います。しかしながら、社会は、その間に数歩も進んでいます。その社会にキャッチアップするというのが、この本のミッションです。チャットボットの設計図まで公開して、なんちゃってAIの法律問題を検討していたりしています。
ご購入いただけると幸いです。

関連記事

  1. イギリスにおけるコンタクトトレーシング (4) 情報コミッショナ…
  2. CyCon2017 travel memo 4) Day 0
  3. ITU憲章vs電波法vs電気通信事業法
  4. 「接触確認アプリ」の仕様書について (1)
  5. イギリスにおけるコンタクトトレーシング (5) 人権合同委員会報…
  6. CyConX travel report Day One Boo…
  7. 英国のスエラ・ブレイヴァーマンQC法務長官の「将来のフロンティア…
  8. サイバーセキュリティ対策推進議員連盟の緊急提言
PAGE TOP