デジタル法務の実務Q&A 11月上旬発売です


 
 
 
 
 
 
「デジタル証拠の法律実務Q&A」に次ぐ、デジタル法シリーズ第2弾である「デジタル法務の実務Q&A」が、11月上旬に発売になります。
情報ガバナンスをベースに不正調査・個人情報保護、GDPR、仮想通貨、AI、APIなど現代社会で問題になる論点できる限りカバーしています。
あと、刑法の部分がすごく充実しています。デジタル証拠本は、官公庁にも支持されたと聞いています。官公庁さん、この本もよろしくお願いします。
デジタル証拠の本が、これだけ支持されたというのは、社会のデジタル化が、ついに法曹界も無視できないレベルにいたったということなのだろうと思います。しかしながら、社会は、その間に数歩も進んでいます。その社会にキャッチアップするというのが、この本のミッションです。チャットボットの設計図まで公開して、なんちゃってAIの法律問題を検討していたりしています。
ご購入いただけると幸いです。

関連記事

  1. 対ボットネットの法律問題の総合的考察 その4-法執行機関の積極的…
  2. Ulbricht裁判と刑事的インテリジェンス
  3. 経済安全保障法制に関する提言とサプライチェーンリスク、そして、人…
  4. 武力紛争とテロリズム(Armed conflict and te…
  5. EUにおける著作権執行に関する議論
  6. 急増するIoT機器への攻撃、対策に不可欠な法的整備とは?
  7. イギリスにおけるコンタクトトレーシング (2)
  8. CyCon2017 travel memo No.Zero
PAGE TOP