Cybersecurity Tech Accord 

Cybersecurity Tech Accordに新たな11社が、参加するということがアナウンスされました

もともとの合意の翻訳についての記事は、こちらになります

この文章の意味をどうとらえるか、というのが問題になるかと思います。

個人的に興味深いのは、「我々は、政府が無実のユーザーや企業に対してサイバー攻撃を引き起こす際の幇助を致しません。」という文言だったりします。

当然じゃないの、と考えるとしたら、もうすこし考えてみましょう。自分たちのサービスをもとに、「軍事的対象物」に対するサイバー攻撃がなされたとしましょう。国際法レベルでは、もし、攻撃の契機があれば、そのサイバー攻撃が、目標として軍事的対象物に対してなされれば、適法になります。「それを幇助しません」ということができるのでしょうか。政府との契約に、除外事項をつけるのか、債務不履行の責任は負うのか、国際法と契約法は別といいきってしまうのか、などの問題がありそうに思えます。

関連記事

  1. 「企業におけるITシステム利用時の機関設計と内部統制」が弁護士ド…
  2. 1パーセント以下は、偏った立場?
  3. Torの法的位置づけ
  4. フロンティアは、永遠に-米国2021年イノベーション・競争法の全…
  5. CyCon 2019 travel memo day1 (2)
  6. 西貝先生から「情報刑法Ⅰ-サイバーセキュリティ関連犯罪」を恵贈い…
  7. 総務省 「IoTセキュリティ総合対策」の公表 (その2)
  8. 「情報漏えいが疑われる場合の対応方法」が、弁護士ドットコムに掲載…
PAGE TOP