情報システム等の脆弱性情報の取扱いにおける法律面の調査報告書 改訂版

「情報システム等の脆弱性情報の取扱いにおける法律面の調査報告書改訂版」が公開されました。
リンクは、こちらです。(https://www.ipa.go.jp/files/000072543.pdf)

平成30年度は、大きな調査二つにかかわることができました。ともに、非常に我が国で重要な意味をもつものです。そのひとつである「情報システム等の脆弱性情報の取扱いにおける法律面の調査報告書 改訂版」が公開されました。

「改訂版」とありますとおり、前のものは、2003年に作成されたものです。自分でいうのもなんですが、きっちりとしたもので、15年の長きにわたって、脆弱性の流通システムの実務のお手伝いができたかと思っています。

今年度は、経済産業省の告示(取扱規定)との関係をみながら、逐条解説部分が充実しているかと思います。また、脆弱性の調査をめぐるいろいろな論点についても、すこしふれています。

「脆弱性の調査に対して社会が無理解で」とかいう前に、まず、脆弱性の取扱について、私たちが、一定のルールを提案しているという事実に正面から向あってもらえるといいかと思います。

関連記事

  1. 経済安全保障の体系と経済安全保障一括法の内容(オムニバス)?
  2. 自己主権アイデンティティとケンブリッジアナリティカ事件
  3. FIRSTのトラフィック・ライト・プロトコル
  4. 2019年米国・セキュアで信頼できる通信法-ファーウェイ排除の根…
  5. トランプ氏、TikTok・微信との取引を禁止 大統領令
  6. Ulbricht裁判と刑事的インテリジェンス
  7. ソニーピクチヤーズ・エンターテイメント事件(2014)の復習
  8. ワールド経済フォーラムの「サイバー犯罪防止-ISPの原則」(4)…
PAGE TOP