情報システム等の脆弱性情報の取扱いにおける法律面の調査報告書 改訂版

「情報システム等の脆弱性情報の取扱いにおける法律面の調査報告書改訂版」が公開されました。
リンクは、こちらです。(https://www.ipa.go.jp/files/000072543.pdf)

平成30年度は、大きな調査二つにかかわることができました。ともに、非常に我が国で重要な意味をもつものです。そのひとつである「情報システム等の脆弱性情報の取扱いにおける法律面の調査報告書 改訂版」が公開されました。

「改訂版」とありますとおり、前のものは、2003年に作成されたものです。自分でいうのもなんですが、きっちりとしたもので、15年の長きにわたって、脆弱性の流通システムの実務のお手伝いができたかと思っています。

今年度は、経済産業省の告示(取扱規定)との関係をみながら、逐条解説部分が充実しているかと思います。また、脆弱性の調査をめぐるいろいろな論点についても、すこしふれています。

「脆弱性の調査に対して社会が無理解で」とかいう前に、まず、脆弱性の取扱について、私たちが、一定のルールを提案しているという事実に正面から向あってもらえるといいかと思います。

関連記事

  1. CyCon2017 travel memo 8) Day2 午後…
  2. 機密共有「ファイブ・アイズ」と連携意欲 河野防衛相
  3. 「政府機関等における 今後の LINE サービス等の利用の際の考…
  4. ワールド経済フォーラムの「サイバー犯罪防止-ISPの原則」(1)…
  5. 電波法の「秘密の保護」と「空港にドローン見逃さない」
  6. 脅威情報共有のプラットフォーム(3)-MISPとGDPR
  7. 7月2日の「規制改革推進に関する答申」と電子署名
  8. サイバーセキュリティ戦略と「法」
PAGE TOP