西貝吉晃「サイバーセキュリティと刑法」

西貝吉晃千葉大学准教授から、「サイバーセキュリティと刑法」の献呈をいただきました。ありがとうございます。

無権限アクセスについての国際的な状況を理解して、今後のわが国における立法論、解釈論への示唆を与えてくれる本です。

特に、コンピュータ・データの機密性を保護法益に昇華すべきであるという見解は、興味深いところがあります。(私は、コンピュータシステムの機密性とするところです。)

比較法を満遍なく研究し、わが国の解釈・立法の示唆とする立論は、非常に参考になると思います。

アマゾンは、こちらです。 専門書ではありますが、不正アクセスと刑法を語る者には、必須の本であろうと思われます。お薦めします。

関連記事

  1. 米司法省、中国人ハッカーを起訴–新型コロナの研究など…
  2. IoTの法律問題
  3. 国立研究開発法人情報通信研究機構の中長期目標の改正案に対する サ…
  4. Torの法的位置づけ
  5. IPA「重要インフラ事業者優先提供や脆弱性情報の取扱い判断基準な…
  6. “ウイルスのプログラム” 公開で罰金刑 研究者から疑問の声
  7. アメリカ・インディアナ州最高裁判決-ランサムウエアへの支払いと保…
  8. 脆弱性の開示の枠組を深く勉強したい人に-ワクチンの予約システムの…
PAGE TOP