2018年米国サイバー戦略をどう見るのか

結局、メディアのような「サイバー兵器を使いやすくなる」とか、「攻撃的対処も可能に」「先制攻撃の権限拡大」とか、威勢のいい表現は、見つけることができませんでした。

むしろ、文言を見ていくと、同盟国とのインテリジェンスをも活用した攻撃の責任帰属の確定とその公的アナウンスによって、外向的手法で、安全なネットワークを構築していこうという実務的な手法の強調が重要視されていると私は、読んでみました。

ソニーピクチャーズでのオバマ大統領のTVインタビュー、NotPetyaでのアナウンスメントと、サイバー戦略としての継続性をみるわけです。

メディアの論調としては、異なりますが、Law & Policyの専門の分析がどのように分析をしているのか、ちょっと聞いてみたいところです。

 

関連記事

  1. CyCon2017 travel memo 10) Day3
  2. 西貝先生から「情報刑法Ⅰ-サイバーセキュリティ関連犯罪」を恵贈い…
  3. セキュリティー会社員がファイル共有ソフト内にウイルス保管
  4. 国際的な観点から、「通信の秘密」の数奇な運命と「サイバー攻撃の指…
  5. 「情報セキュリティベンダに対する刑事法の萎縮的効果と法律」の講演…
  6. 情報システム等の脆弱性情報の取扱いにおける報告書
  7. NISC「ランサムウエアによるサイバー攻撃に関する注意喚起につい…
  8. 憲法21条「通信の秘密」が邪魔で諸外国でやってるような大胆な犯罪…
PAGE TOP