米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(1)

米国共通役務省(GSA)と連邦最高情報責任者(CIO)協議会が、管理予算局(OMB)の要請を受けて作成した「連邦組織取引における電子署名の利用」(2013年1月25日)をみていきます。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(1)」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. IS決済・市場インフラ委員会による報告書「デジタル通貨」の公表に…
  2. 「押印についてのQ&A」を読んでみる
  3. eIDASのレビュープロセスからeIDAS2.0への途
  4. 「暗号資産」の用語について (1)
  5. グーグルの「市場独占」?
  6. 7月2日の「規制改革推進に関する答申」と電子署名
  7. 公文書管理法と電子契約 第3回 デジタルガバメント ワーキング・…
  8. 電子署名法は、スマートコントラクトに耐えられるか。
PAGE TOP