米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(1)

米国共通役務省(GSA)と連邦最高情報責任者(CIO)協議会が、管理予算局(OMB)の要請を受けて作成した「連邦組織取引における電子署名の利用」(2013年1月25日)をみていきます。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(1)」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 通貨主権とは何か
  2. 立会人型の電子契約サービスの位置づけについての「書面規制、押印、…
  3. 「即実践!!電子契約」が、アマゾンの民事法分野で売上ランク1位に…
  4. ワクチンパスポートと技術-WHO トラストフレームワーク
  5. ウォーレン&ブランダイス
  6. UNCITRALと比較して3条Q&Aをもう一回読んでみ…
  7. パーソナライズド・サービスに対する消費者選好に関する研究
  8. EU 各国における個人情報保護制度に関する調査研究報告書
PAGE TOP