PEPPOLとUBL

PEPPOLの分析の続きです。相互流用性仕様( Business Interoperability Specifications (BIS) )をみていきます

具体的なドキュメントは、こちらです。

ポイントとなるのは、CENの発効しているEN16931(電子インボイス-パート1 コア要素のデータモデル)です。

言語としては、UBL(企業間電子商取引のために定義されたXML形式の電子伝票の仕様。OASISで標準化が行われている)になります。

この10以降は、具体的な例だったりします。

そうすると、今後、このデータセットと言語ベースのエディターとかでインボイスを発行とかになるのでしょうか。

会計ソフトとインボイス発行ソフトが融合する日が来そうですね。でも、UBLは、勉強していないので、詳しいことはちょっとわからないですね。

関連記事

  1. 「経済財政運営と改革の基本方針 2020(仮称) 」と電子契約
  2. 金融業界における書面・押印・対面手続の見直しに向けた検討会(第1…
  3. 電子インボイス 規格vsプラットフォーム
  4. 電子署名に関して「第10回 成長戦略ワーキング・グループ 議事概…
  5. コンタクトトレーシングについてのNHK BS1 キャッチのインタ…
  6. IS決済・市場インフラ委員会による報告書「デジタル通貨」の公表に…
  7. 「暗号資産」の用語について (1)
  8. 「個人データの取引」が「公正かつ自由」であること-G7 データ保…
PAGE TOP