「電子署名法の数奇な運命」アップデートしました。

「電子署名法の数奇な運命」(キンドル出版)をアップデートしました(12月6日)。

今回のアップデートにおいて、本文に第3回デジタルガバメント ワーキング・グループにおける議論によって明らかにされた部分を追加しています。

追加された事項としては、

(1)2条電子署名の概念について、商業登記法の添付署名をめぐる議論を追加したこと、契約の作成についての議論(特に地方自治体)を追加したと

(2)3条Q&Aの2要素認証部分の記述が全面的に撤回されたものと解釈していること

などがあります。

また、これを機会に表紙を変更しています。

講読は、こちらからになります。

第3回デジタルガバメント ワーキング・グループの議論と3条推定効を検討している考察は、あまりないかと思います。三省が、本人の認証という用語を、エンティティとアイデンティティの同一性の検証と、改ざんの検知という双方の機能を分析せずに使っていることから、混乱が生じていて、それを「悔い改め」ようとしているという立場から分析しています。

講読のほど、よろしくお願いします。

 

 

関連記事

  1. 2004年の竹田御眞木 「電子署名法の概要と動向について」を読む…
  2. 「電子署名法の数奇な運命」出版されました。
  3. 認証局の定義を考える
  4. 「住民票LINE交付巡り、技術提供会社が国を提訴」の記事
  5. 無理が通れば-「LINEで住民票申請」は不可の意味
  6. 仮想通貨に関する追跡可能性の動向と韓国における犯罪捜査のチャレン…
  7. 11月26日 書籍付き「即実践!! 電子契約」著者解説セミナー …
  8. 国や地方公共団体の契約事務と立会人型-第3回 デジタルガバメント…
PAGE TOP