立会人型の電子契約サービスの位置づけについての「書面規制、押印、対面規制の見直しについて」 の示唆

6月22日の規制改革推進会議において「書面規制、押印、対面規制の見直しについて」という書面が公表されています。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「立会人型の電子契約サービスの位置づけについての「書面規制、押印、対面規制の見直しについて」 の示唆」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 邪教としてのデータ保護教
  2. PEPPOLとUBL
  3. 日経新聞の2ケ所に名前が
  4. シンポジウム「電子契約の過去・現在・未来-書面・押印・対面の見直…
  5. グーグルの「市場独占」?
  6. 商業登記法と電子署名
  7. カンボジアでの中銀デジタル通貨-第9回 成長戦略ワーキング・グル…
  8. 「経済財政運営と改革の基本方針 2020(仮称) 」と電子契約
PAGE TOP