立会人型の電子契約サービスの位置づけについての「書面規制、押印、対面規制の見直しについて」 の示唆

6月22日の規制改革推進会議において「書面規制、押印、対面規制の見直しについて」という書面が公表されています。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「立会人型の電子契約サービスの位置づけについての「書面規制、押印、対面規制の見直しについて」 の示唆」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 「電子署名法の数奇な運命」アップデートしました。
  2. プライバシの値段
  3. デジタル通貨、厳格規制求める 欧州5カ国、「リブラ」は困難か
  4. 本人は誰だ?-電子署名法対民訴法
  5. 「即実践!!電子契約」が、アマゾンの民事法分野で売上ランク1位に…
  6. コンタクトトレーシングアプリの最適な設計のための考え方
  7. コンタクトトレーシングについてのNHK BS1 キャッチのインタ…
  8. 「電子署名法の数奇な運命」出版されました。
PAGE TOP