ロボットとコンピュータセキュリティ

イーロン・マスクは5年以内にロボットが人間を殺し始める危険性があると考えているhttp://www.lifehacker.jp/2014/11/141127elon_musk.html

という記事ですが、コンピュータセキュリティも同じ話になっているかもしれません。

アクティブサイバー防御の論点では、「ホワイトワーム」が論じられています。要は、マルウエアを見つけて、攻撃の被害が出る前に、その攻撃元をたたいてしまおうという話です。この攻撃元が、「武力行使」レベルを準備していると分析されると、その抑止のために、武力で応じることができることになります。その判断にミスがあった場合には、どうなるのでしょうか。83年の映画「ウォーゲーム」でも問題になりました。

法的には、正当防衛・緊急避難の要件を満たすホワイトワームの行使(厳密に論じるとたくさんの論点があります)が必要なのでしょうが、自動的にその要件を満たすように設計できるのでしょうか。
そんなことも考えさせられる記事です。

関連記事

  1. 脅威情報共有のプラットフォーム(3)-MISPとGDPR
  2. “ウイルスのプログラム” 公開で罰金刑 研究者から疑問の声
  3. EU報告書のIoTの定義
  4. 米国サイバー戦略の分析(柱1)
  5. 「主権バイ・デザイン」・戦略的自律-「デジタル主権」について追加…
  6. 米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(2)
  7. オランダの責任ある開示ガイドライン
  8. 公表前の脆弱性の報道を考える
PAGE TOP