ロボットとコンピュータセキュリティ

イーロン・マスクは5年以内にロボットが人間を殺し始める危険性があると考えているhttp://www.lifehacker.jp/2014/11/141127elon_musk.html

という記事ですが、コンピュータセキュリティも同じ話になっているかもしれません。

アクティブサイバー防御の論点では、「ホワイトワーム」が論じられています。要は、マルウエアを見つけて、攻撃の被害が出る前に、その攻撃元をたたいてしまおうという話です。この攻撃元が、「武力行使」レベルを準備していると分析されると、その抑止のために、武力で応じることができることになります。その判断にミスがあった場合には、どうなるのでしょうか。83年の映画「ウォーゲーム」でも問題になりました。

法的には、正当防衛・緊急避難の要件を満たすホワイトワームの行使(厳密に論じるとたくさんの論点があります)が必要なのでしょうが、自動的にその要件を満たすように設計できるのでしょうか。
そんなことも考えさせられる記事です。

関連記事

  1. 中野目・四方編著 「サイバー犯罪対策」(成文堂)を献本いただきま…
  2. 自衛隊、サイバー反撃能力保有へ…武力伴う場合
  3. 英国の電気通信セキュリティ法案
  4. 安全保障推進法案のスライドを作ってみる
  5. 金融・電力などサイバー攻撃報告義務…政府素案
  6. 脆弱性と瑕疵の間に(再考)
  7. 誤導報道-サイバー弱点通報窓口、日本整備遅れ LINEなど一部の…
  8. 経済安保のマトリョーシカ-政策・特定重要物資・特定重要技術をめぐ…
PAGE TOP