ロボットとコンピュータセキュリティ

イーロン・マスクは5年以内にロボットが人間を殺し始める危険性があると考えているhttp://www.lifehacker.jp/2014/11/141127elon_musk.html

という記事ですが、コンピュータセキュリティも同じ話になっているかもしれません。

アクティブサイバー防御の論点では、「ホワイトワーム」が論じられています。要は、マルウエアを見つけて、攻撃の被害が出る前に、その攻撃元をたたいてしまおうという話です。この攻撃元が、「武力行使」レベルを準備していると分析されると、その抑止のために、武力で応じることができることになります。その判断にミスがあった場合には、どうなるのでしょうか。83年の映画「ウォーゲーム」でも問題になりました。

法的には、正当防衛・緊急避難の要件を満たすホワイトワームの行使(厳密に論じるとたくさんの論点があります)が必要なのでしょうが、自動的にその要件を満たすように設計できるのでしょうか。
そんなことも考えさせられる記事です。

関連記事

  1. CyCon2019 travel memo day0
  2. サプライチェーン大統領令・2021年戦略的競争法案-第8回 産業…
  3. 日航偽メール3億8000万被害-メールは、ハガキですよ
  4. 勝手に暴露されちゃった「Zero-day」(?)
  5. 組織が発行するデータの信頼性を確保する制度に関する検討会取りまと…
  6. 2019年米国・セキュアで信頼できる通信法-ファーウェイ排除の根…
  7. ジョセフ・ナイ 露のサイバー攻撃 戦闘伴わぬ「新兵器」
  8. ウイルス罪、有罪と無罪の境界はどこにあるのか (下)
PAGE TOP