2月12日のSECCON2022 電脳会議で「「国家安全保障戦略」の能動的サイバー防御の法的含意」(Legal Implications of “Active Cyber Defense of National Security Strategy”)の講演をします。

2月12日のSECCON2022 電脳会議で「「国家安全保障戦略」の能動的サイバー防御の法的含意」(Legal Implications of “Active Cyber Defense of National Security Strategy”)の講演をします。

具体的なタイムテーブルについては、こちらです。

いろいろと考えている材料はあるのですが、このような機会でもって自分の考えをまとめておきたいと考えています。まずは、「秘密」との関係での議論になります。これについては、「「国家安全保障戦略」と通信の秘密をめぐるMyth(神話) とTruth(事実)-「通信監視、違法の恐れ」明治大教授 湯浅墾道氏の記事」というブログで、まとめていますので、そちこらを参照ください。

関連記事

  1. 松原実穂子著「サイバーセキュリティ」組織を脅威から守る戦略・人材…
  2. 脅威情報共有のプラットフォーム(2)-MISPを概観する
  3. 憲法21条「通信の秘密」が邪魔で諸外国でやってるような大胆な犯罪…
  4. 2018年米国サイバー戦略をどう見るのか
  5. 「情報漏えいが疑われる場合の対応方法」が、弁護士ドットコムに掲載…
  6. 脆弱性発見のためのセーフハーバー-マイクロソフト脆弱性報告窓口 …
  7. CyConX travel report Day One  Se…
  8. ホワイトハウスや同盟国の「悪意あるサイバー活動および無責任な国家…
PAGE TOP