2月12日のSECCON2022 電脳会議で「「国家安全保障戦略」の能動的サイバー防御の法的含意」(Legal Implications of “Active Cyber Defense of National Security Strategy”)の講演をします。

2月12日のSECCON2022 電脳会議で「「国家安全保障戦略」の能動的サイバー防御の法的含意」(Legal Implications of “Active Cyber Defense of National Security Strategy”)の講演をします。

具体的なタイムテーブルについては、こちらです。

いろいろと考えている材料はあるのですが、このような機会でもって自分の考えをまとめておきたいと考えています。まずは、「秘密」との関係での議論になります。これについては、「「国家安全保障戦略」と通信の秘密をめぐるMyth(神話) とTruth(事実)-「通信監視、違法の恐れ」明治大教授 湯浅墾道氏の記事」というブログで、まとめていますので、そちこらを参照ください。

関連記事

  1. BEC v. SCAM
  2. 情報システム等の脆弱性情報の取扱いにおける法律面の調査報告書 改…
  3. ロシアの攻撃的サイバー作戦における情報の役割-サイバー軍、情報工…
  4. 電気通信事業分野における競争ルール等の 包括的検証の検討体制(案…
  5. 紫のライトセーバーと台湾の「科技偵查法草案」(とくに14条)をめ…
  6. ハッカーをライセンス制に、シンガポールのサイバーセキュリティ法案…
  7. 2020年以降の欧州連合のデジタル化政策の流れ
  8. Cycon 2019 travel memo day3 (1 )…
PAGE TOP