「新経済安保時代のデータガバナンス-2021年のサイバー事件簿」(2021年12月3日)のご案内

第一東京弁護士会のIT法部会では、日弁連・法務研究財団と共催で、12月3日にハイブリッドで、「新経済安保時代のデータガバナンス-2021年のサイバー事件簿」(2021年12月3日)というシンポジウムを開催いたします。ご案内は、こちらのページからどうぞ

コーディネイトは、当社代表取締役 高橋郁夫です。

これらの事件から、2021年の論点が見えてくるのではないかと考えています。お楽しみに。

 

関連記事

  1. ソフトウエア提供者の結果責任に関する判決群-In-Law「ユーザ…
  2. コンタクトトレーシングのPIA COVIDSsafe (6) 個…
  3. 「不作為のサイバー敗戦」の7つの神話と一つの疑問
  4. ランサムウエア被害に対するロイズの引受停止やその他のサイバー保険…
  5. 「ワナクライ」北朝鮮の国家行為と認定
  6. ワールド経済フォーラムの「サイバー犯罪防止-ISPの原則」(5)…
  7. ホワイトハウスや同盟国の「悪意あるサイバー活動および無責任な国家…
  8. スケートボードの脆弱性
PAGE TOP