茂田先生より「シギント-最強のインテリジェンス」のご本をいただきました。

茂田忠良先生より、先生と江崎道朗先生の共著である「シギント-最強のインテリジェンス」のご本をいただきました。

茂田先生のホームページでのご紹介はこちらです。アマゾンでの本の案内はこちら。

共著といっても、方苦しいところはなく、基本的には、両者のやりとりで話が進んでいきます。

その意味で、非常に、分かりやすく、砕けた感じで、シギントにまつわる細かなトピックとかもたくさん散りばめられているように思います。

シギント・フレンドリーなホテル/ロイヤルコンシェルジとか、などは、個人的に興味深かったです。

まだ、読み出したばかりですが、このあたりの感覚がないと国家安全保証戦略が、どうの、といっても、表面的な議論になってしまうような気がします。その意味で、安全保障・セキュリティに関わるひとは、このあたりのセンスをみがかないといけないでしょうし、そのためのきっかけになる本だと思います。そのような関係者には、必読だろうと思います。

 

 

関連記事

  1. 国家支援によるサイバー諜報行為 2
  2. CyCon 2019 travel memo day1 (3)
  3. CyCon2017 travel memo 4) Day 0
  4. サイバーセキュリティ経営ガイドライン v20をどう考えるか
  5. パイプライン攻撃事件の法的論点(国家責任・デューディリジェンス)…
  6. 情報システム等の脆弱性情報の取扱いにおける報告書
  7. CyConX travel report Day -Zero C…
  8. 外務省とNISC、「APT10」グループのサイバー攻撃に警戒表明…
PAGE TOP