なぜ、経営者にとってサイバーセキュリティのマネジメントは難しいのか

まるちゃんこと丸山(DT-ARLCS)社長の「なぜ、経営者にとってサイバーセキュリティのマネジメントは難しいのか」というレベルの高い、かつ、わかりやすい解説がでています。

(1)リスク(狭義)とオポチュニティとのバランスから解きあかしている点
(2)リスクマネジメントの全体像をあきらかにしている点
(3)プロセスの構築を説いている点
(4)セキュリティマネジメントの困難性を説いている点
で、きわめてポイントをついており、非常によい論考です。

私だと(4)で、心理的な認知の困難さをさらに追加するかと思いますが、それは、個性というところかと思います。

私のこの点についての考察は、ビジネス法務(2016年8月号)で考察しています。抜き刷りできてますので、いろいろいなところで配る予定です。

関連記事

  1. デジタル庁って何? 概要発表記事から探る
  2. 米国でのロシアのRSOCKSボットネット破壊の令状を読む
  3. 国家支援によるサイバー諜報行為 2
  4. 「自民、サイバー捜査の強化提言へ ウイルス活用も」などの記事
  5. RSAが4月に!
  6. 日本国憲法と国連憲章との関係
  7. ジョセフ・ナイ サイバーと倫理
  8. ドイツのサイバーセキュリティ法2.0と「通信の秘密」への示唆
PAGE TOP