なぜ、経営者にとってサイバーセキュリティのマネジメントは難しいのか

まるちゃんこと丸山(DT-ARLCS)社長の「なぜ、経営者にとってサイバーセキュリティのマネジメントは難しいのか」というレベルの高い、かつ、わかりやすい解説がでています。

(1)リスク(狭義)とオポチュニティとのバランスから解きあかしている点
(2)リスクマネジメントの全体像をあきらかにしている点
(3)プロセスの構築を説いている点
(4)セキュリティマネジメントの困難性を説いている点
で、きわめてポイントをついており、非常によい論考です。

私だと(4)で、心理的な認知の困難さをさらに追加するかと思いますが、それは、個性というところかと思います。

私のこの点についての考察は、ビジネス法務(2016年8月号)で考察しています。抜き刷りできてますので、いろいろいなところで配る予定です。

関連記事

  1. BEC v. SCAM
  2. ENISA 「トラストがあり、サイバーセキュアな欧州のための新戦…
  3. 「住民票LINE交付巡り、技術提供会社が国を提訴」の記事
  4. CyConX travel report Day -Zero C…
  5. SolarWinds作戦の国際法的分析について
  6. 国家安全保障、重要国土区域、変更・中止勧告-「国家安全保障上重要…
  7. マイク・シュミット教授のニュージーランドのサイバーセキュリティ政…
  8. 「(7) 電⼦署名、法的な懸念解消」の日経記事について-ENIS…
PAGE TOP