なぜ、経営者にとってサイバーセキュリティのマネジメントは難しいのか

まるちゃんこと丸山(DT-ARLCS)社長の「なぜ、経営者にとってサイバーセキュリティのマネジメントは難しいのか」というレベルの高い、かつ、わかりやすい解説がでています。

(1)リスク(狭義)とオポチュニティとのバランスから解きあかしている点
(2)リスクマネジメントの全体像をあきらかにしている点
(3)プロセスの構築を説いている点
(4)セキュリティマネジメントの困難性を説いている点
で、きわめてポイントをついており、非常によい論考です。

私だと(4)で、心理的な認知の困難さをさらに追加するかと思いますが、それは、個性というところかと思います。

私のこの点についての考察は、ビジネス法務(2016年8月号)で考察しています。抜き刷りできてますので、いろいろいなところで配る予定です。

関連記事

  1. 動的IPアドレスと個人データ保護とサイバーセキュリティ
  2. 法的分析(FBIの未対策サーバのWebシェル削除を“代行”)
  3. 脅威情報共有のプラットフォーム(4)-MISPとISO/IEC …
  4. 宇宙ドメインと国際法-McGillマニュアル(ルール編)翻訳
  5. Cybersecurity Tech Accord 
  6. 対ボットネットの法律問題の総合的考察 その5-ISPの義務につい…
  7. サイバーセキュリティ大統領令
  8. NATO CCDCOE 武力紛争時のプライバシーの権利とデータ保…
PAGE TOP