リーガルマルウエアの法律問題(続)

「リーガルマルウエアの法律問題」という論考を公にしたことがありました

通常、英国の議論を参照にして、日本への示唆を求めるというのが、私の検討のスタイルなのですが、この論考ですと、アメリカに議論を求めました。ただし、よく考えてみると、このようなスパイな手法は、英国に議論を求めるとよかったなあと思っています。

インテリジェンス機関によるハッキング、フィッシング等を含むequipment interference (機器からの情報取得)については、英国において、実務規範が公表されています。

適用に関しては、英国域内に関する機器か、それ以外かで、適用規範も異なるみたいです。あと、RIPA2000については、2016年末にIPA2016となり、ちょっと、というか、かなり変更があったようですし、細かく適用関係をフォローするのもつらいところです。

時間があったら、(というか、予算があったらに近いですが)きちんと、全体像を調査して、「リーガルマルウエアの法律問題」(続)を執筆したいところです。(CSIサイバーからの調査手法ネタを仕込みたいですし)

 

関連記事

  1. 継続的従事戦略(persistent engagement)につ…
  2. EU、初のサイバー攻撃に対する制裁を決定
  3. CyConX travel report Day One Key…
  4. 日航偽メール3億8000万被害-メールは、ハガキですよ
  5. オープンソース成分はお好き?「ソフトウエア成分表-SBOM」につ…
  6. G7 コーンウォールサミットとサイバー/宇宙法
  7. CLOUD法は「政府は企業が保有する個人情報を容易にアクセス可能…
  8. 脅威インテリジェンスサービスの利用とコンプライアンス(4)
PAGE TOP