CyCONの予稿集

CyCON 2017の予稿集が公開されています。ページは、こちらです

Kubo Mačák 氏のThe Impact of the Development of the Cyber Law of War on General International Lawは、いろいろいな次元から、サイバー国際法の発展を述べています。講演のほうは、こちらで。

あと、 Peter Z. Stockburger 氏のart10は、国家責任に関する「実効的なコントロール」理論から、国家実行が「コントロールと能力」テストに移行しているのではないか、というのは、個人的には、個々の国家実行についての解釈が事実誤認?というところはありますが、問題提起としては興味深いと思います。(講演は、同じページで)

Eliza Watt氏のart 06は、人権法の域外適用・そして、その効力について検討するもので、議論としては、興味深いです。(個人的には、解釈論としては無理があるようにも思いますが)紹介されている英国の判決例は、いつか調べたいです。(講演は、こちら)

このあたりは、講演を聞いて興味深かった論文ですね。Eliza氏の論考は、きちんと判決例からも見てみたいですね。

Martin LibickiのThe Coming of Cyber Espionage Normsは、サイバー規範をさらに詳細に検討しています。

Max SmeetsのOrganisational Integration of Offensive Cyber Capabilities:A Primer on the Benefits and Risksは、攻撃的サイバー能力の検討です。OCC(Offensive Cyber Capabilities)というのは、わが国でも、「サイバー攻撃能力」と呼ばれいてるかと思いますが、この用語が何を指すのか、この統合というのは、どういうことか、わが国にどう当てはまるのか、というのは、研究する必要がありますね。

Mission Assurance:Shifting the Focus of Cyber Defenceは、能力と資産の機能とレジリエンス(柔軟な維持能力)を保護し、確かにするというミッション・アシュアランスというのが、サイバーでどのように考えられるのか、また、集団自衛というのがどのように認識されるのか、という問題提起のようです。

あと、Kenneth GeersのCore Illumination: Traffic Analysis in Cyberspaceは、Traffic Analysis を詳しく分析しています。個人的には、じっくりと読んでみたいですね。

今回の予稿は、技術的分野が少ない用におもえます。私的には、分析のしがいがあるのですが、うまく分析の時間を見つけられるといいなあと思います。

関連記事

  1. 個人情報の価値 考え直せ グローバル・ビジネス・コラムニスト ラ…
  2. Eneken Tikkほか CYBER CONFLICT FAC…
  3. 高市早苗「安全保障分野のサイバーセキュリティ」について
  4. Pauline’s site
  5. 「検閲」についてコメントする前に気をつけたいこと
  6. IoTの脆弱性と安全基準との法的な関係
  7. CyCon2017 travel memo 6) Day1 午後…
  8. 「書面・ハンコ・対面削減へ共同宣言 政府・経済4団体」
PAGE TOP