トランプ氏、TikTok・微信との取引を禁止 大統領令

「トランプ氏、TikTok・微信との取引を禁止 大統領令」という記事がでています。BBCは、こちら。IT meadiaは、こちら。

これは、8月6日にだされた大統領令です。原文は、こちら

翻訳は、--

国際緊急経済大国法(50 U.S.C. 1701 et seq.)(IEEPA)、国家緊急事態法(50 U.S.C. 1601 et seq.)、および米国法典第3章301条を含むアメリカ合衆国の憲法および法律により、大統領としての私に与えられた権限により。

私、ドナルド・J・トランプアメリカ合衆国大統領は、2019年5月15日の大統領令13873(情報通信技術とサービスのサプライチェーンの確保)で宣言された情報通信技術とサービスのサプライチェーンに関して、国家的な緊急事態に対処するために追加の措置を講じる必要があることを認める。 具体的には、中華人民共和国(中国)の企業が開発・所有するモバイルアプリケーションの米国内での拡散は、米国の国家安全保障、外交政策、経済を脅かし続けています。 現時点では、特に1つのモバイルアプリケーションであるTikTokがもたらす脅威に対処しなければなりません。

中国企業のByteDance Ltd.が所有する動画共有モバイルアプリケーション、TikTokは、米国で1億7500万回以上、世界で10億回以上ダウンロードされていると報告されています。 TikTokは、位置情報や閲覧履歴、検索履歴などのインターネットやその他のネットワーク活動情報など、ユーザーからの膨大な情報を自動的に取得します。 このデータ収集は、中国共産党がアメリカ人の個人情報や専有情報(personal and proprietary information)にアクセスすることを可能にし、中国が連邦政府の職員や請負業者の居場所を追跡したり、脅迫のために個人情報の書類を作成したり、企業スパイ活動を行うことを可能にする恐れがあります。

TikTokはまた、中国共産党が政治的に敏感であると判断したコンテンツ、例えば香港での抗議活動や中国のウイグル人やその他のイスラム教徒の少数民族への扱いに関するコンテンツを検閲していると言われています。 また、このモバイルアプリケーションは、TikTokの動画が2019年新型コロナウイルスの起源についての論破された陰謀論を広めた場合など、中国共産党に利益をもたらすディスインフォメーションキャンペーンに利用される可能性があります。

これらのリスクは現実です。 国土安全保障省、運輸保安局、米軍はすでに連邦政府の携帯電話でのTikTokの使用を禁止しています。 インド政府は最近、TikTokやその他の中国製モバイルアプリケーションの使用を国内全域で禁止しました。インドの電子情報技術省は声明の中で、「ユーザーのデータを盗んで、インド国外にあるサーバーに不正な方法で密かに送信している」と主張しています。 アメリカの企業や組織は、TikTokのデバイスへの搭載を禁止し始めている。 米国は国家安全保障を守るために TikTokの所有者に対して 積極的な行動を取らなければなりません

よって、私はここに命令する。

第1条 (a) 本命令の日から45日を経過した時点から、適用法で認められている範囲内で、以下の行為を禁止する。(a.k.a. Zìjié Tiàodòng)、中国北京のByteDance Ltd.(別名:Zìjié Tiàodòng)またはその子会社との間で、本命令の第1条(c)項に基づき商務長官(長官)が特定した利害関係を有する者、または米国の司法権の対象となる財産に関するあらゆる取引。

(b) 本項第(a)項の禁止事項は、法令または本命令に基づいて発行される規制、命令、指示、ライセンスに規定されている場合を除き、また本命令の日付以前に締結された契約、ライセンスまたは許可にかかわらず適用されます。

(c) 本命令の日付から45日後、長官は本項第(a)項の対象となる取引を特定するものとする。

第 2 条 (a) 米国人による、または米国内での、本命令に定められた禁止事項を回避または回避し、回避または回避の目的を持ち、違反を引き起こし、または違反しようとする取引は禁止されている。

(b) この命令に定める禁止事項のいずれかに違反するために結成された共謀は禁止される。

第3条 この命令の目的のために この命令の目的のために

(a) 「人」とは、個人または団体を意味する。
(b) 「事業体」とは、政府または政府の機関、パートナーシップ、協会、信託、ジョイントベンチャー、法人、グループ、サブグループ、その他の組織(国際組織を含む)を意味する。

(c) 「米国人」とは、米国市民、永住外国人、米国の法律に基づいて組織された団体、または米国内の司法権(外国支部を含む)、または米国内の人を意味する。

第 4 項。 大臣は、規則や規制の採択を含む行動を取り、IEEPA によって付与されたすべての権限を、この命令を実施するために必要なものとして使用する権限を与えられています。 大臣は、適用法に基づき、これらの機能のいずれかを商務省に再委任することができます。 米国のすべての省庁は、本命令を実施するために、権限の範囲内ですべての適切な措置を講じるものとする。

第5項 総則 (a) 本令のいかなる規定も、以下の事項を損なうものではなく、また、以下の事項に影響を与えるものではない。

(i) 執行部局、機関、またはその長に法律で付与された権限

(ii) 予算、行政、立法案に関する管理予算局長の機能。

(b) この命令は、適用される法律と一致し、かつ、予算の利用可能性を条件として実施されるものとする。

(c) 本命令は、米国、その部局、機関、事業体、その役員、職員、代理人、またはその他の者に対して、いかなる当事者も、法律上または衡平法上、実質的または手続き上の権利または利益を行使できるようにすることを意図したものではなく、また、いかなる権利または利益を創出するものでもない。

---

また、同日 WeChatの脅威に対する大統領令にも署名をしています。原文は、こちら

さらに8月14日に、トランプ大統領は、上記ByteDance Ltdが、musical.ly社を合併するのに関して、大統領令を出しています。原文は、こちら

---

憲法および合衆国法、1950 年国防生産法の第 721 条、改正(第 721 条)、50 U.S.C. 4565 を含む、大統領としての私に与えられた権限により、以下のように命令する。

第1条 事実認定 (a) ケイマン諸島の法律に基づいて設立された有限責任免除企業であるByteDance Ltd.(以下「ByteDance」)が、ケイマン諸島の法律に基づいて設立された有限責任免除企業であるMusical.ly(以下「Musical.ly」)の全持分を取得することにより、米国の国家安全保障を損なう恐れのある行動を取る可能性があると私に思わせる信頼できる証拠がある。 買収の結果、ByteDanceはTikTokアプリケーションをMusical.lyのソーシャルメディアアプリケーションと統合し、単一の統合ソーシャルメディアアプリケーションを作成した。

(b) 第721条および国際緊急経済大国法(50 U.S.C. 1701 et seq)以外の法律の規定は、私の判断では、この問題で国家安全保障を保護するための十分かつ適切な権限を私に与えていない。

第 2 条 命令され、許可された措置。 本命令の第 1 項に記載された知見に基づき、第 721 条(f)項に記載された要素を適宜考慮し、第 721 条を含む適用法の下での私の権限に基づき、私はここに命令する。

(a) ByteDanceによるMusical.lyの買収の結果としての取引で、Musical.lyまたはその資産のいずれかが、米国内の州際通商におけるMusical.lyの活動(以下「米国におけるMusical.ly」)の促進または支援、またはそれに関連して使用される限りにおいて、Musical.lyまたはその資産のいずれかが、Musical.lyの活動の支援または支援に使用されること。)はここに禁止される。ByteDanceによる米国内におけるMusical.lyの権益の所有も、ByteDanceを通じて直接または間接的に、またはByteDanceの子会社、関連会社、中国の株主を通じて行われたかどうかに関わらず、禁止される。

(b) この命令を実行するために、本命令の日付から90日以内に、30日を超えない範囲で延長されない限り、米国外国投資委員会(CFIUS)が課す書面による条件に基づき、ByteDance、その子会社、関連会社、および中国の株主は、以下のすべての権益および権利を売却するものとする。

  1. 場所を問わず、ByteDance の米国における TikTok アプリケーションの運営を可能にする、またはサポートするために使用される、あらゆる有形または無形の資産または財産(場所を問わず)。
  2.  米国内のTikTokアプリケーションまたはMusical.lyアプリケーションのユーザーから得た、または派生したデータ。 バイトダンスは、売却の際に直ちに、第2条(a)および第2条(b)に基づき要求される措置を完全かつ恒久的に実施するために必要なすべての措置が完了したことを、CFIUSに書面で証明するものとする。

(c) バイトダンスは、売却の際に直ちに、第2条(b) (ii) に基づき売却が義務付けられているすべてのデータおよびそのコピーを破棄したことを、CFIUS に書面で証明するものとする。

(d) バイトダンスは、第2条(b)に基づく第三者への売却または譲渡を完了してはならない。

  1.  ByteDance が書面で CFIUS に、意図した受取人または購入者を通知するまで。
  2.  第2項(d)(i)の通知から10営業日が経過し、CFIUSがByteDanceに対して異議申立書を発行していない場合。 CFIUS が売却または譲渡の提案を審査する際に考慮する要素として、買い手または譲受人が米国市民であるか、または米国市民が所有しているか、ByteDance、またはその役員、従業員、株主との直接的または間接的な契約、財務、家族関係、雇用、その他の緊密かつ継続的な関係を持っているかどうか、そして本命令の遵守をサポートする意思と能力があることを示すことができるかどうか、などが挙げられる。 さらに、CFIUS は、提案された売却または譲渡が、米国の国家安全保障を損なう恐れがあるか、または本命令の目的を損なう恐れがあるかどうか、また、売却が CFIUS が満足し、その裁量で、米国での TikTok アプリケーションの運用を可能にしたり、サポートしたりするために使用されているすべての有形または無形の資産または財産を完全に処分する効果があるかどうかを検討することができます。

(e) 本命令の日から、ByteDanceが第2項(b)に基づきCFIUSに売却の証明書を提出するまで、ByteDanceとデラウェア州の法人であるTikTok Inc.は、本命令に準拠していることを週単位でCFIUSに証明し、第2項(b)に記載されている権益と権利を売却するための努力の内容と、残りの行動の完了予定時期を記載するものとする。

(f) 本命令を回避または回避する目的で、またはその効果を持つ目的で締結された、または使用された取引またはその他の装置はすべて、本命令を遵守していることを証明するものではない。

--

この大統領令については、「トランプ大統領、中国ByteDanceにTikTokの米事業を90日以内に売却せよとの大統領令」という記事で説明がなされています。

関連記事

  1. アクティブサイバー防衛確実法
  2. トラストサービスフォーラムinベルリン Day2 その1前半
  3. IoTの法的定義
  4. 域外適用と対抗措置、国家安全保障審査、提供禁止-成立した中国デー…
  5. EMPACTとサイバー犯罪対策(Project Nova) (2…
  6. Private Sector Cyber Defense: Ca…
  7. 法的分析(FBIの未対策サーバのWebシェル削除を“代行”)
  8. CyCon2017 travel memo 10) Day3
PAGE TOP