電子署名法が、eシールを認めていないといったのは誰か?

技術的中立性を認めていない、とかいわれのない批判を受けていた電子署名法さんですが、今一つのいわれなき神話である「署名は、自然人の行為だから、電子署名法は、eシールを認めていない」というものについて一言。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「電子署名法が、eシールを認めていないといったのは誰か?」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. デジタル時代の刑事法-第9回 成長戦略ワーキング・グループ
  2. 「ハイブリッド戦争」の概念- 国際法学 vs 論壇地政学(?)
  3. 米国の営業秘密保護-字幕付きFBI -The Company M…
  4. 米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(4)
  5. Cycon 2019 travel memo day2 (3)
  6. 中国のサイバースペースの攪乱行動に対する共同声明(7月19日)の…
  7. 電子インボイス 規格vsプラットフォーム
  8. サイバーセキュリティ大統領令
PAGE TOP