電子署名法が、eシールを認めていないといったのは誰か?

技術的中立性を認めていない、とかいわれのない批判を受けていた電子署名法さんですが、今一つのいわれなき神話である「署名は、自然人の行為だから、電子署名法は、eシールを認めていない」というものについて一言。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「電子署名法が、eシールを認めていないといったのは誰か?」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 「企業におけるITシステム利用時の機関設計と内部統制」が弁護士ド…
  2. 「総務省-サイバー防衛で公的認証」と無線機器の責任分界点
  3. 本人は誰だ?-電子署名法対民訴法
  4. コンタクトトレーシングについてのNHK BS1 キャッチのインタ…
  5. 情報処理 2017年11号「IoT時代のセーフティとセキュリティ…
  6. 大規模ランサムウエア被害防止のためのMSのブログ
  7. CyCon2017 travel memo 2) Day -1
  8. CyCon2017 travel memo 4) Day 0
PAGE TOP