電子署名法が、eシールを認めていないといったのは誰か?

技術的中立性を認めていない、とかいわれのない批判を受けていた電子署名法さんですが、今一つのいわれなき神話である「署名は、自然人の行為だから、電子署名法は、eシールを認めていない」というものについて一言。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「電子署名法が、eシールを認めていないといったのは誰か?」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 国家支援によるサイバー諜報行為 2
  2. 「関西空港にドローン?」と空港の施設管理者の排除措置の法的位置づ…
  3. ジョセフ・ナイ サイバーと倫理
  4. 「(7) 電⼦署名、法的な懸念解消」の日経記事について-ENIS…
  5. LINE Transparency Report(2016年下半…
  6. 「経済財政運営と改革の基本方針 2020(仮称) 」と電子契約
  7. GCSCスタビリティ報告書 分析9
  8. 金融業界における書面・押印・対面手続の見直しに向けた検討会(第1…
PAGE TOP