電子署名法が、eシールを認めていないといったのは誰か?

技術的中立性を認めていない、とかいわれのない批判を受けていた電子署名法さんですが、今一つのいわれなき神話である「署名は、自然人の行為だから、電子署名法は、eシールを認めていない」というものについて一言。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「電子署名法が、eシールを認めていないといったのは誰か?」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 組織が発行するデータの信頼性を確保する制度に関する検討会取りまと…
  2. 「インターネット上の海賊版対策に関する検討会議」6回議事録
  3. 医療機器・ヘルスソフトウエアの前提知識
  4. 「サイバー対策へ新庁を自民提言、25年創設めざす」の記事からEN…
  5. 日経新聞の2ケ所に名前が
  6. 「「ハンコ重視」を広めた印鑑登録と民事訴訟法」は煽りの見出し?
  7. GCSC スタビリティ報告書 推奨事項
  8. 国や地方公共団体の契約事務と立会人型-第3回 デジタルガバメント…
PAGE TOP