WebARENA Suite Xで、独自SSLを導入する(下)

WebARENA Suite Xで、独自SSLを導入する(上)というのを書きましたが、今回のポイントは、共用SSLで、使っていた人が、独自SSLを取得して、変更する場合ということになるかと思います。

サーバのディレクトリの中に、sslというディレクトリを作って、そこに、ワードプレスのファイルが保存されています。そして、WebARENAの仕様によると独自SSLを利用した場合、このディレクトリを読みにいくようになっています。この点は、オンラインマニュアルの

2019年8月28日以前から共用SSLまたは独自SSLをご利用のお客さまへ◆――――――

http:// と https:// ではホームページコンテンツのアップロード先が異なります。お客さまのサーバーに /ssl という名称のディレクトリが存在する場合、https://で表示させたいコンテンツは /ssl へアップロードする必要があります。

というところで、記載されています

ところが、問題なのは、そこで、アップされているファイルでのリンクが、前の共用SSLのリンク(要は、https://itresrarchart.securesite.jp)なので、リンク切れが多発するということでした。 

これは、要は、ワードプレスのお引っ越しで生じる問題と同じです。なので、ワードプレスのお引っ越しのページでお勉強です。お引っ越し用の情報としては、

とか、たくさんあります。ただし、問題は、前の共用SSL のワードプレスのサイトには、アクセスできなくなっているということです。従って、All-in-One WP MigrationやDuplicatorなどのプラグインは、使えないということです。その一方で、データを移行する必要はなく、保存されたディレクトリを変更する必要がないことになります。ワードプレスで使われているデータベース内の情報で、itresrarchart.securesite.jpという情報をitresrarchart.bizに書き換えてあげれば、簡単に解決、ということになることがわかりました。

この作業をするのにツールを使う場合には、Search Replace DBがあるようです。(利用方法については、こちらの情報があります)

が、作業の仕方がよくわからないので、結局、昔ながらの手法だったような気がしますが、phpMyAdminから、データベースのURLを書き換えることにしました。具体的には、

UPDATE wp_options SET option_value=REPLACE(option_value,”旧ドメイン”,”新ドメイン”);
UPDATE wp_posts SET post_content=REPLACE(post_content,”旧ドメイン”,”新ドメイン”);
UPDATE wp_posts SET guid=REPLACE(guid,”旧ドメイン”,”新ドメイン”);
UPDATE wp_postmeta SET meta_value=REPLACE(meta_value,”旧ドメイン”,”新ドメイン”);

をphpMyAdminのSQLに入力(入力は、上の図)して、一括、変換しました。(参照したのは、「絶対に失敗しないWordPressの移行手順!データベースからファイル一式をバックアップして移行する方法」のページ)

それでワードプレスのアドミンのサイトにアクセスすると、何事もなかったかのように通常の編集画面がたち上がりました。まあ、実際に成功してしまえば、なんということはないのですが、ツールにどこまで頼るのか、とか、httpsは、どこにアクセスしにいくのとか、今までは、どこだったっけ?とかを確認しながら、進めていかないといけないので、以外に時間がかかってしまいました、というのが正直なところです。

あとは、Adsenseとかにページが移行したことを連絡して、移転作業は、終了ということになります。

関連記事

  1. WebARENA Suite Xで、独自SSLを導入する(上)
  2. (東京2020開会式記念)ドローンの通信の傍受の法的位置づけ
  3. 小室圭「社会的企業のためのクラウドファンディング法の改革に向けた…
  4. 「『発言者の特定禁止』という謎ルール」の謎を追う-チャタムハウス…
  5. TCDの「Law」という有償のワードプレステーマを使ってみた
  6. すでにTeamsを使用していて、裁判所にゲストとして参加する場合…
  7. kindle 出版への道(4) 一太郎で出版へ
  8. Sigilでキンドル出版しました(1)ePub作成とHTMLエデ…
PAGE TOP