中野目・四方編著 「サイバー犯罪対策」(成文堂)を献本いただきました。

中野目善則・四方 光編著 「サイバー犯罪対策」(成文堂)を献本いただきました。

構成・叙述ともに、サイバー犯罪対策の決定版となるべき書籍かと思います。「デジタル証拠の法律実務Q&A」について改訂版を出すためのハードルが、二段くらい上がってしまったのではないか、という気がします。

また、  特に「通信の秘密」に関しての私の「数奇な運命」シリーズ(「『通信の秘密』の数奇な運命(制定法)」情報ネットワーク・ローレビュー(第8巻)(情報ネットワーク法学会、商事法務、平成21年)、「『通信の秘密』の数奇な運命(憲法)」情報ネットワーク・ローレビュー(第5巻)(情報ネットワーク法学会、商事法務、平成18年))についてご紹介をいただき、詳しく論じていただいております(111ページ)。(なお、313ページも、憲法21条2項の通信の秘密を「意思伝達の機密性」と解すべきという見解と同一のようにおもえます)

(神足祐太郎通信の秘密をめぐる議論の諸相」( 出版者 国立国会図書館)DOI 10.11501/11516811は、憲法の「通信の秘密」と事業法上の「秘密の保護」との関係についてふれていないので、ちょっとがっかりしていたところでした)

目次は、

第1部 サイバー犯罪とは

  • 第1章 サイバー犯罪の現状と対策研究の意義
  • 第2章 サイバー犯罪の犯罪学

第2部 サイバー犯罪実体法
第3章 不正アクセス  渡辺和巳
第4章 刑法上のサイバー犯罪  髙良幸哉
第5章 ネットワーク上の児童被害  髙良幸哉
第6章 ネットワーク上の情報の規制と保護  四方 光
1 はじめに  96
2 犯罪の手段となる情報の規制  96
1 コンピュータ・システムの可用性を害する情報の規制 (96)
2 インターネット上の違法情報 (98)
3 サイバーストーキングの規制 (102)
4 商品の虚偽表示等 (102)
5 違法な情報が掲出されたサイト管理者の責任 (106)
3 重要な情報を保護するための法制  109
1 政府の秘密の保護 (109)
2 通信の秘密の保護 (110)
3 企業秘密の保護 (112)
4 個人の情報の保護 (113)
5 著作権の保護 (114)

第3部 サイバー犯罪手続法

  • 第7章 デジタルフォレンジックの基礎  北條孝佳
  • 第8章 サイバー犯罪捜査  中村真利子
  • 第9章 デジタルデータの証拠法  島田健一
  • 第10章サイバー犯罪対策の国際協力の枠組み  川澄真樹

第4部 サイバー犯罪対策

  • 第11章 日本のサイバーセキュリティ政策  人見友章
  • 第12章 サイバー犯罪の越境捜査とその課題  四方 光
  • 第13章 諸外国のサイバー犯罪対策  四方 光・中野目善則・滝沢 誠
  • 第14章 日本のサイバー犯罪対策の今後の課題 ―サイバー犯罪の現状から求められる対処の必要―  中野目善則

となっています。

実体法・手続法・デジタルフォレンジックス/そして、日本法・国際的な比較法(アメリカ・ドイツ・サイバー犯罪条約)まで、きちんと参考文献を、しかも最新のまでフォローされていますので、私も非常に調査等に役立つかと考えています。

特に、12章から14章までは、圧巻という感じで読ませていただいています。

ということで、サイバーセキュリティセキュリティ・サイバー犯罪対応などに関わる人は、必読であろうと思います。絶対のおすすめです。

関連記事

  1. ワールド経済フォーラムの「サイバー犯罪防止-ISPの原則」(5)…
  2. AWSとCLOUD法
  3. 電子署名法は、スマートコントラクトに耐えられるか。
  4. 「政府機関等における 今後の LINE サービス等の利用の際の考…
  5. 情報システム等の脆弱性情報の取扱いにおける法律面の調査報告書 改…
  6. 「通信の秘密」外資にも適用の総務省有識者会議の報告書を読む
  7. 脅威インテリジェンスサービスの利用とコンプライアンス(2)
  8. 自動車の特定改造等の許可制度を本年11月より開始します ―適切な…
PAGE TOP