プライバシの値段

「プライバシー保護は別料金で – AT&Tが低額な光ファイバーサービスを提供」という記事が出ています。

プライバシが、他の契約条件とも比較考慮されるトレードオフの対象であることは、いうまでもありません。IPAの報告書岡田先生との論文は、その点をテーマにしています。

むしろ、契約(これならば、インターネット接続サービス)に付随する条件ということができるので、従たる条件として、通常は議論されないのに、プライバシの選択として独立にされているだけで、プライバシの重要性を示していると見ることができます。

あとは、この料金の設定の妥当性(そして、これは、その市場における競争によって是正される)、あと、デフォルト値をどうするのか(センシティブに対しては、オプトインにするべき)ということについての議論がなされることになるでしょう。それで、調整が図られることになるかと思います。

Contextといったときに、市場の競争状態までが影響するということが上の例でも見えてくるかと思います。するとプライバシ侵害感を緩和するのに、競争を活発にするのが有効という理屈になってきます。プライバシというのが、きちんと定義されていない証拠かもしれません。

関連記事

  1. デジタル通貨、厳格規制求める 欧州5カ国、「リブラ」は困難か
  2. 無理が通れば-「LINEで住民票申請」は不可の意味
  3. 「押印についてのQ&A」を読んでみる
  4. 仮想通貨に関する追跡可能性の動向と韓国における犯罪捜査のチャレン…
  5. 米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(2)
  6. 電子署名Q&Aを比較法(UNCITRAL電子署名モデル…
  7. eIDASのレビュープロセスからeIDAS2.0への途
  8. 「即実践!!電子契約」が、アマゾンの民事法分野で売上ランク1位に…
PAGE TOP