IoTの法律問題

IoTは、今年のテーマとしてバズるのは、間違いないでしょうね。

ただ、具体的には、個別の話(飛行機、自動車、ドローン、スマホ、医療ロボットとか)でないと、議論しにくいところもあります。

その一方で、一般的な理論展開という観点からみていくと、Thing自体の問題(安全性とかね)、Thingの自律性の問題(ロボットってそういうものだし)、Thingと外界との関係(データ保護や他市場の乱用)当たりにわけられるのかと思います。

Medical × Security Hackathon 2015での「医療ロボット」もそういった切り口で話してみました。いかがだったでしょうか。

関連記事

  1. Cycon 2019 travel memo day3 (2)…
  2. 「脆弱性(ぜいじゃくせい)とは?」@総務省 国民のための情報セキ…
  3. 「無線LANただ乗り、電波法は「無罪」…懸念も」の判決文
  4. 安全保障関連物資不正輸出事件の分析-ココム違反からキャッチオール…
  5. 2018年米国サイバー戦略をどう見るのか
  6. ENISA 「トラストがあり、サイバーセキュアな欧州のための新戦…
  7. 電波法の「秘密の保護」と「空港にドローン見逃さない」
  8. リーガルマルウエアの法律問題(続)
PAGE TOP