IoTの法律問題

IoTは、今年のテーマとしてバズるのは、間違いないでしょうね。

ただ、具体的には、個別の話(飛行機、自動車、ドローン、スマホ、医療ロボットとか)でないと、議論しにくいところもあります。

その一方で、一般的な理論展開という観点からみていくと、Thing自体の問題(安全性とかね)、Thingの自律性の問題(ロボットってそういうものだし)、Thingと外界との関係(データ保護や他市場の乱用)当たりにわけられるのかと思います。

Medical × Security Hackathon 2015での「医療ロボット」もそういった切り口で話してみました。いかがだったでしょうか。

関連記事

  1. 外為法の居住者への特定類型アプローチの導入
  2. 「新経済安保時代のデータガバナンス-2021年のサイバー事件簿」…
  3. 国家安全保障、重要国土区域、変更・中止勧告-「国家安全保障上重要…
  4. 新たなサイバーセイキュリティ戦略と法-「サイバー攻撃「国家のリス…
  5. CyConX travel report Day -Zero C…
  6. 脅威情報共有のプラットフォーム(1)
  7. 対ボットネットの法律問題の総合的考察 その4-法執行機関の積極的…
  8. アトリビューション-サイバー攻撃 名指し「反撃」
PAGE TOP