意義あり? 誤解?–IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏 – (page 2)

「意義あり? 誤解?–IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏 – (page 2)」は、6月5日に開催されましたZDNetさんのセミナーの特別講演の報告です。

「侵入の概念」「通信の秘密の侵害」「行為の不正アクセス性」「世界の動向」という論点があることを指摘させていただきました。

当日は、法的な解釈という観点からすると、「憲法にさだめる通信の秘密」というのは、「誤報」とされることを避けるための「東京スポーツ」的手法ではないか?と指摘もさせていただいたところです。

これに関連するエントリは、
通信の秘密」にコメントする前に気をつけたいこと

NICT法によるアクセスの総務省令による基準

「NICT法改正と不正アクセス禁止法」

あたりになります。

関連記事

  1. 日航偽メール3億8000万被害-メールは、ハガキですよ
  2. サイバー犯罪に対する法執行のシステム的対応
  3. イスラエル情報機関の「位置情報追跡」対「通信傍受」
  4. EMPACTとサイバー犯罪対策(Project Nova) (…
  5. 米国の営業秘密保護-字幕付きFBI -The Company M…
  6. AWSとCLOUD法
  7. デジタル・ジュネーブ条約
  8. Cycon 2019 travel memo day1 (4)
PAGE TOP