意義あり? 誤解?–IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏 – (page 2)

「意義あり? 誤解?–IoT脅威を可視化する「NOTICE」プロジェクトの舞台裏 – (page 2)」は、6月5日に開催されましたZDNetさんのセミナーの特別講演の報告です。

「侵入の概念」「通信の秘密の侵害」「行為の不正アクセス性」「世界の動向」という論点があることを指摘させていただきました。

当日は、法的な解釈という観点からすると、「憲法にさだめる通信の秘密」というのは、「誤報」とされることを避けるための「東京スポーツ」的手法ではないか?と指摘もさせていただいたところです。

これに関連するエントリは、
通信の秘密」にコメントする前に気をつけたいこと

NICT法によるアクセスの総務省令による基準

「NICT法改正と不正アクセス禁止法」

あたりになります。

関連記事

  1. GCSCスタビリティ報告書 分析3
  2. 脆弱性と債務不履行(東京地裁 平30.10.26)
  3. 「ワナクライ」サイバー攻撃に北朝鮮が関与と米政府=報道
  4. 無線通信干渉とサイバー兵器(?)
  5. イタリア政府の国際法のサイバースペースに対する適用のポジションペ…
  6. 「基礎の修復:サイバー脅威情報共有が期待に応える方法とNATOへ…
  7. 欧州電気通信コードのもとでの通信プロバイダのセキュリティ手段ガイ…
  8. 紫のライトセーバーと台湾の「科技偵查法草案」(とくに14条)をめ…
PAGE TOP