辻井重男「フェイクとの闘い」を読む

辻井先生より「フェイクとの闘い-暗号学者がみた大戦からコロナ禍まで」を戴きました。写真はこちら。

タイトルは、「フェイクとの闘い」となっていますが、今風のインフォメーション・オペレーションをセキュリティとして考えましょうという論点を論じたりするものではありません。

マネージメント、倫理、法と技術で自由・公共性・個人の権利を如何にMELT-UPできるかという観点から、辻井先生の活動(三章)やセキュリティと倫理の課題(4章)、サイバーセキュリティの未来(5章)についてふれられています。

私も、考えてみれば、「マネージメント、倫理、法と技術で自由・公共性・個人の権利を如何にMELT-UPできるか」という問題に、法の世界から、格闘しているかなと思ったりしています。

技術も最後は、人の問題に帰着するのだろうし、暗号も、秘匿と、その一方で社会の安全との緊張もあるので、そのバランスというのは、私の問題でもあるなあと改めて思った次第です。

このようなクロスオーバーする問題に興味のある方にお薦めします。

 

関連記事

  1. 「住民票LINE交付巡り、技術提供会社が国を提訴」の記事
  2. 急増するIoT機器への攻撃、対策に不可欠な法的整備とは?
  3. 中野目・四方編著 「サイバー犯罪対策」(成文堂)を献本いただきま…
  4. ワールド経済フォーラムの「サイバー犯罪防止-ISPの原則」(1)…
  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン v20をどう考えるか
  6. 情報システム等の脆弱性情報の取扱いにおける法律面の調査報告書 改…
  7. 「総務省-サイバー防衛で公的認証」と無線機器の責任分界点
  8. 対ボットネットの法律問題の総合的考察 その4-法執行機関の積極的…
PAGE TOP