不正送金「ネット潜入捜査」 わざとウイルス感染、犯人監視

「不正送金「ネット潜入捜査」 わざとウイルス感染、犯人監視 」という記事がでています

この記事においては、意図的にボットネットにウイルス感染させた端末を紛れ込ませ、犯人の動きを監視するという行為が紹介されています。

ボットネットに端末が感染するので、それ自体、他のメール感染の土台になるのか、D-Dosのツールになったりするのか、それだとすると、それを意図的になすとすると、法体系としては、刑法の各規範との衝突というのもありうるかな(前者であれば、不正指令電磁的記録供与(168条の2第2項)、後者ならば、業務妨害罪)という点も指摘しうるかもしれません。

もっとも、私は、法執行機関が、犯罪者の動向を把握するために、なす行為が、わが国の法体系上、違法行為に該当しうる場合においても、正当な業務行為として整理される場合があるのではないか、という問題提起を、「リーガルマルウエアの法律問題」でしています。この論文との関係でいえば、正当な業務行為として整理される一つの場合ということがいえるような気がします。

関連記事

  1. アトリビューション-サイバー攻撃 名指し「反撃」
  2. 映画会社とアクティブ防衛
  3. トラストサービスフォーラムinベルリン Day2 その1前半
  4. CyCon2019 travel memo day0
  5. 法律の報告書の書き方-「斬新な」LINE事件最終報告書を読む
  6. 米ロ電話会談におけるサイバーセキュリティの話題(主権、相当な注意…
  7. 欧州理事会の域外からのサイバー攻撃への制裁枠組み
  8. IoTの法的定義
PAGE TOP