AWSとCLOUD法

AmazonからAWS(Amazon Web Service)とCLOUD法に対するエントリが公表されています。

CLOUD法については、制定時に、ゆがんだ報道がなされたので、それについてコメントしたことがありました

その後、わが国では、かなりアカデミズム的な観点から、冷静に議論されているような感じがしているのですが、世界的には、どうもそうではないようです。

法的には、「米国の管轄が及ぶ電子コミュニケーションサービスまたはリモートコンピューティングサービスのすべてのプロバイダーに適用されます。」という表現がおもしろかったりします。これらの概念については、SCAの概念のご紹介が必要になります。

このエントリは、日本から見た場合に、米国における法執行機関の合法的なアクセスにおける法執行機関のあきらかにすべき事項の閾値や、裁判所の多様な関与形態などを前提としないと理解が難しいような気もしますし、がっちり論文で、明らかにすべきものかもしれません。私も何かの機会に、がっちり向かい合えるといいなあと、考えていたりします。

関連記事

  1. トラストサービスフォーラムinベルリン Day2 その1 後半
  2. 新たなサイバーセイキュリティ戦略と法-「サイバー攻撃「国家のリス…
  3. 北條先生の「サイバー対策 法見直し必要」の続き
  4. NHK BS 「ダークサイドミステリー」に高橋郁夫が出演します
  5. 紫のライトセーバーと台湾の「科技偵查法草案」(とくに14条)をめ…
  6. サイバー攻撃も日米安保適用=2プラス2共同声明へ初明記-新領域対…
  7. 意義あり? 誤解?–IoT脅威を可視化する「NOTI…
  8. 最安価損害回避者としてのISP-「通信の秘密」の解釈の合理的制限…
PAGE TOP