コンタクトトレーシングについてのNHK BS1 キャッチのインタビュー内容公開

当社社長  高橋郁夫が、NHK BS1 キャッチに5月18日に、出演しましたときのやりとりが公開されました。

プライバシーというのは、文脈によっても、国によっても、とらえ方かそれぞれであること、また、生命や行動の自由という尊重されるべき法益との衝突は、初めてであろうこと、そのもとで、各人が、どのような判断をするかが問われているかを、をまとめて伝えることができたかと思います。

やりとりは、こちらです。

なお、このやりとりのうち、プライバシーについてのとらえ方については、会社のブログで深堀をしております。そちらは、「コンタクトトレーシングアプリのプライバシー設計についての基本的な考え方」以降のブログになります。

関連記事

  1. わかりやすい「デジタル署名の呪縛」例-ITメディアの記事
  2. オンラインサービスおける身元確認手法の整理に関する検討報告書
  3. EMPACTとサイバー犯罪対策(Project Nova) (…
  4. 対ボットネットの法律問題の総合的考察 その7-ドイツにおけるハニ…
  5. サイバーセキュリティ経営ガイドライン v20をどう考えるか
  6. 国際的な観点から、「通信の秘密」の数奇な運命と「サイバー攻撃の指…
  7. ISO/IEC 30147:2021 Internet of T…
  8. G7 コーンウォールサミットとサイバー/宇宙法
PAGE TOP