Think before you link-化学会社の営業秘密漏洩事件とFBIのネバーナイト・コネクション(字幕付)のビデオ-機密漏洩の端緒としてのSNS

“Think before you link”-「つながる前に考えましょう」

Stop,think,connectは、ひとつの標語ですが、それに加えてもう一つになります。”Think before you link”です。

「SNS、機密漏洩の端緒に 積水化学元社員、起訴内容認める 企業の危機意識不十分」という記事が報道されています。

中国企業に自社の機密情報を漏らしたとして不正競争防止法違反罪に問われた積水化学工業の元社員、久保田敬士被告(46)の初公判が17日、大阪地裁(栗原保裁判官)で開かれ、被告は起訴内容を認めた。

というものです。ビジネス向けSNS「リンクトイン」で知り合ったということが記載されています。

逮捕時の報道は、ここです(「積水化学の技術を中国企業に漏洩 容疑で元社員を書類送検」)。

問題となっている営業秘密は、同社の営業秘密にあたる「導電性微粒子」の製造工程に関する技術情報で、広東省に本社を置く通信機器部品メーカー「潮州三環グループ」の社員に平成30年8月上旬~昨年1月下旬の間、潮社の社員にメールで送るなどした疑いが持たれている。

導電性微粒子は、スマートフォンのタッチパネルなどに使われる電子材料。指がパネルに触れると、微粒子が反応しスワイプなどの操作が可能になる。積水化学は住宅関連とともに電子工学関連が事業の柱。導電性微粒子の製造でも高い技術を有しており、世界トップクラスのシェアがある。

このような海外企業による産業スパイ行為については、私のブログだと「米国の営業秘密保護-字幕付きFBI -The Company Man: Protecting America’s Secretsは、強くおすすめです 元の事件のプレス付き」で紹介したところです。

SNSがきっかけで情報流出するエピソードは、「The Nevernight Connection」というFBIの 啓発ビデオでテーマになっています。Nevernightは、不夜城ですね。上海は、かって不夜城といわれたというセリフがでてきます。

(7:12) のところに「ウォルター容疑者に中国の工作員が人気の履歴諸管理サイトRavINを利用して」となっています。主人公のダンさんは「米国海軍無人改定車両のプログラムを10年間管理した」という設定です。

ということでストーリーは、お約束のハリウッドレベル。あっと言う間に26分間。面白かったです。それでもって、これも実話に基づいています。

実話は、Kevin Mallory事件(2019年5月)です。このビデオの中のキャプチャはこちら。

プレスリリースはこちらです。ということで、DeepLします。

元CIA職員、スパイ活動で実刑判決

バージニア州リースバーグに住むケビン・パトリック・マロリー(62歳)は、中華人民共和国のエージェントに国家防衛情報を送信するための共同謀議を行ったとして、スパイ活動法により有罪判決を受け、本日、懲役20年、その後5年間の監督下での釈放を言い渡されました。 国家安全保障担当のジョン・C・デマーズ検事補、バージニア州東部地区のG・ザカリー・ターウィリガー連邦検事、FBIワシントン支局のナンシー・マクナマラ担当検事補が、T.S.エリス3世上級連邦地方判事による判決後に発表しました。

「元米国諜報員のケビン・パトリック・マロリーは、共謀して中国の諜報員に国防情報を渡した罪で、今後20年間を刑務所で過ごすことになります」とジョン・デマーズ検事補は述べています。 「この事件は、米国の元諜報員が中国に狙われ、国や同僚を裏切るという憂慮すべき傾向のひとつです。 今回の判決は、ユタ州のロン・ハンセンとバージニア州のジェリー・リーが有罪を認めたことと合わせて、米国の元諜報員は中国やその他の敵対的な外国の諜報機関と提携してはならないという厳しいメッセージを伝えるものです」と述べています。

ターウィリガー連邦検事は、「マロリーは、我が国を大きな危険にさらしただけでなく、国防のために自らの安全を危険にさらした特定の人的資産の命を危険にさらしたのです。」「このオフィスには、国を裏切った者の責任を追及してきた長い歴史があります。 中国が米国の情報機関の現役および元メンバーを特定して採用しようとする試みを続けているため、これらの人々は警戒を怠らず、疑わしい行動があれば適切なセキュリティ担当者に報告しなければなりません。 今回の事件は、機密情報を公開することで国民の信頼を裏切り、国家の安全保障を脅かそうと考えている人々にメッセージを送るべきです。 私たちは、このような困難ではあるが重要な国家安全保障上の事件を、今後も堅実かつ執拗に追求していきます」と述べています。

マクナマラ担当補佐官は、「米国政府の職員は、国家の秘密を守るために信頼されている」と述べ、「今回の事件は、その信頼と義務に反する行為が容認されないことを示している。 外国の諜報機関が米国の元機密情報保持者を標的にすることは、我々が直面している不変の脅威であり、FBIはこのような脅威を維持し、真正面から戦うことを続けます。 この事件の捜査と起訴に長年にわたって尽力してきたFBIの男性と女性、そして司法省のカウンターパートに感謝したいと思います。」と語りました。

マロリーは、2018年6月に連邦陪審員によって、共謀して配信したこと、配信を試みたこと、外国政府を支援するために国防情報を配信したこと、重大な虚偽の陳述を行ったことで有罪となりました。 その後、地裁は、国防情報の配信および配信未遂の訴因について、裁判地がないことを理由に無罪判決を下しました。

裁判記録と裁判で提出された証拠によると、米国の元諜報員であるマロリーは、2017年3月と4月に上海に行き、中華人民共和国のシンクタンク職員を名乗っていたが、マイケル・ヤンという人物と会いました。マロリーは、彼が中国の諜報員であると思っていました。

中国語に堪能な米国市民であるMalloryは、2人の間の秘密通信を促進するためにYangから渡された秘密通信(covcom)機器をFBIが調査することに同意しました。 その結果、マロリーとヤンが、マロリーが中国の諜報機関に売ることができる機密情報について話している通信内容が多数確認されました。 FBIの分析官は、マロリーが少なくとも5つの米国政府の機密文書を秘密通信デバイス経由で安全に送信するために必要なすべての手順を完了していたことを確認できました。そのうちの1つには、米国政府に協力した人的情報源の固有の識別子が含まれていました。 そのうちの少なくとも2つの文書は送信に成功し、MalloryとYangはその2つの文書について秘密通信デバイスでコミュニケーションをとりました。

裁判で提出された証拠には、リースバーグにあるフェデックスの店舗の監視カメラの映像が含まれており、マロリーがシークレットおよびトップシークレットレベルに分類された文書をマイクロSDカードにスキャンしている様子が映っていました。 マロリーはお金を払って8つの文書の紙コピーをシュレッダーにかけてもらいましたが、FBI捜査官は、2017年6月22日にマロリーが逮捕された日に、マロリーの自宅を捜索した際に、これらの文書が入った慎重に隠されたSDカードを発見しました。 裁判では、2017年6月24日の録音が流され、マロリーが拘置所からの電話で家族に隠したSDカードを探してほしいと頼んでいるのが聞こえました。

マロリーは、中央情報局(CIA)の極秘案件担当者や国防情報局(DIA)の情報担当者など、さまざまな政府機関や複数の防衛関連企業で数多くの役職を務めてきました。 様々な政府機関で必要とされるトップシークレットのセキュリティクリアランスを取得しており、このクリアランスはキャリアの中で様々な任務を遂行する際に有効でした。 マロリーは2012年10月に政府機関を退職し、機密情報の取り扱いを終了しました。

国家安全保障部防諜・輸出管理課のジョン・T・ギブス、コリーン・E・ガルシア両米国弁護士補、ジェニファー・ケネディ・ゲリー、エバン・タージョン両裁判長がこの事件を起訴しました。


ちなみに”Think before you link”についてのCPNI(英国のCentre for the Protection of National Infrastructure)のページはこちらです 。 こちらのビデオは、ちょっときつくて楽しんで見るというのには、いまひとつでしたね。”OO7″ のスタジオにお願いすべきだろうと思います。

 

 

 

関連記事

  1. デジタル時代の刑事法-第9回 成長戦略ワーキング・グループ
  2. データ主権維持のための公的データの域内保存-フランスの国家クラウ…
  3. サイバーセキュリティ対策推進議員連盟の緊急提言
  4. TTX(テーブル・トップ・エクササイズ)のすすめ
  5. 「情報漏えいが疑われる場合の対応方法」が、弁護士ドットコムに掲載…
  6. BEC v. SCAM
  7. 躍進ビットコインに戦慄する米政府、金融機関
  8. 英国における暗号資産への規制
PAGE TOP