クラウド契約の法的リスク記事について

法律家も新聞記者も、言葉を商売道具として用いているわけです。

そして、法律家は、法的な用語を、正確に利用することによって、厳密な表現をしようと心がけます。一方、新聞記者も、社会におけるいろいろな問題を言葉を使って幅広く伝えるようにこころがけているかと思います。そうだとすると、法律家が、正確に伝えようとしていることを正確に伝えてくださいね、という話です。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「クラウド契約の法的リスク記事について」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. コンタクトトレーシングアプリの最適な設計のための考え方
  2. 「電子署名法の数奇な運命」キンドル出版に伴い電子署名関係のエント…
  3. 「電子署名法の数奇な運命」出版されました。
  4. 電子署名の概念整理(当事者型対クラウド型(リモート署名・立会人型…
  5. ワクチンパスポートと技術-WHO トラストフレームワーク
  6. コンタクトトレーシングアプリのプライバシー設計についての基本的な…
  7. 三省共同電子契約サービスQ&A(3条関係)を読む
  8. 3条Q&Aの罪 「悔い改め」たのか?-第3回 デジタル…
PAGE TOP