検索市場の競争について-マイクロソフトポイント

競争分析もされずに、大きければ、叩いていいみたいな感じのプラットフォーム規制論ですが、検索市場の競争という観点から、見逃していましたマイクロソフトポイントです。

Bingを使っていて上の矢印のところをクリックすると、リワードのページがでてきます。

でもって、何と引き換えられるのかなというと、

悪くないですね。なんといっても、MSさんには、年貢というか、月貢を納めますので、それをそのまま引けるのであれば、かなり使えるだろうと。(ちゃんと寄付もしましょうね)

これをポイントサイトか、とつっこんでいる向きもあります。

でも、あなたの利用情報がお金をなるのをMSさんが素直に認めて、対価を支払ってくれているんですよ。確かにGさんに比べれば、検索サービスのクオリティについては、いいたいこともあるかもしれませんが、ならば、インセンティブをあげますというのは、きわめて素直なことです。

これを評価できないのは、自分の検索情報という無形の価値がきちんとお金に評価されるという仕組みを知らないこと、なので、自慢できないんですよ。

だから、規制にお金をかけるよりも、こういう競争状況をきちんと分析するほうが有意義なんじゃないのかなあと思っていたりします。

 

関連記事

  1. パーソナライズド・サービスに対する消費者選好に関する研究
  2. IBMのリコメンドに関するコンジョイント利用特許
  3. 「押印についてのQ&A」を読んでみる
  4. コンタクトトレーシングについてのNHK BS1 キャッチのインタ…
  5. 電子署名法の数奇な運命
  6. 立会人型の電子契約サービスの位置づけについての「書面規制、押印、…
  7. 電子署名に関して「第10回 成長戦略ワーキング・グループ 議事概…
  8. 「電子署名法の数奇な運命」アップデートしました。
PAGE TOP