電子署名に関して「第10回 成長戦略ワーキング・グループ 議事概要」を読んでみた(業者ヒアリング部分)

さて、リモート署名を電子署名であると認め、3条の推定効が及びうるのではないか、と示唆してる5月12日の規制改革推進会議 第10回 成長戦略ワーキング・グループ ですが、その議事概要が公開されているので、ちょっと読んでみます。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「電子署名に関して「第10回 成長戦略ワーキング・グループ 議事概要」を読んでみた(業者ヒアリング部分)」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

 

関連記事

  1. 制定法における電子署名の概念
  2. 無理が通れば-「LINEで住民票申請」は不可の意味
  3. 日経新聞の2ケ所に名前が
  4. 本人は誰だ?-電子署名法対民訴法
  5. 2条電子署名は認印、3条電子署名は、実印-第11回 成長戦略ワー…
  6. 組織が発行するデータの信頼性を確保する制度に関する検討会取りまと…
  7. eIDASのレビュープロセスからeIDAS2.0への途
  8. UNCITRALと比較して3条Q&Aをもう一回読んでみ…
PAGE TOP