電子署名に関して「第10回 成長戦略ワーキング・グループ 議事概要」を読んでみた(業者ヒアリング部分)

さて、リモート署名を電子署名であると認め、3条の推定効が及びうるのではないか、と示唆してる5月12日の規制改革推進会議 第10回 成長戦略ワーキング・グループ ですが、その議事概要が公開されているので、ちょっと読んでみます。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「電子署名に関して「第10回 成長戦略ワーキング・グループ 議事概要」を読んでみた(業者ヒアリング部分)」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

 

関連記事

  1. 国や地方公共団体の契約事務と立会人型-第3回 デジタルガバメント…
  2. 検索市場の競争について-マイクロソフトポイント
  3. 「電子署名法の数奇な運命」キンドル出版に伴い電子署名関係のエント…
  4. 米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(4)
  5. 取締役会の議事録承認 クラウドで電子署名 法務省、手続き簡素に
  6. 「電子署名の数奇な運命」の目次
  7. PEPPOLとUBL
  8. 電子署名法は、スマートコントラクトに耐えられるか。
PAGE TOP