電子署名法へのシンガポール電子取引法の影響

「電子署名法の数奇な運命」で、電子署名法について、海外の法制が影響を与えていたことについては、触れました。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「電子署名法へのシンガポール電子取引法の影響」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(2)
  2. 7月2日の「規制改革推進に関する答申」と電子署名
  3. 取締役会の議事録承認 クラウドで電子署名 法務省、手続き簡素に
  4. 「「ハンコ重視」を広めた印鑑登録と民事訴訟法」は煽りの見出し?
  5. 「即実践!!電子契約」が、アマゾンの民事法分野で売上ランク1位に…
  6. オンラインサービスおける身元確認手法の整理に関する検討報告書
  7. 三省共同電子契約サービスQ&A(3条関係)を読む
  8. 電子署名法が、eシールを認めていないといったのは誰か?
PAGE TOP