電子署名法は、スマートコントラクトに耐えられるか。

2条Q&A3条Q&Aがでて、さらにいろいろな案内本や解釈論文がでつつあるわけですが、2020年に解説を書くのであれば、スマートコントラクトにおける意思表示を示すための措置が、「電子署名」に該当するのか、というのを検討すべきだろうと思います。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「電子署名法は、スマートコントラクトに耐えられるか。」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 「トランプの新しいサイバー戦略で政府がサイバー兵器を使いやすくな…
  2. 米国宇宙政策2020年-セクター間ガイドライン
  3. 脆弱性発見のためのセーフハーバー-マイクロソフト脆弱性報告窓口 …
  4. 電子契約を扱う二冊の本
  5. 中国のサイバースペースの攪乱行動に対する共同声明(7月19日)の…
  6. 脅威情報共有のプラットフォーム(5)-MISPとNIS指令
  7. AWSとCLOUD法
  8. 脅威インテリジェンスサービスの利用とコンプライアンス(4)
PAGE TOP