電子署名法は、スマートコントラクトに耐えられるか。

2条Q&A3条Q&Aがでて、さらにいろいろな案内本や解釈論文がでつつあるわけですが、2020年に解説を書くのであれば、スマートコントラクトにおける意思表示を示すための措置が、「電子署名」に該当するのか、というのを検討すべきだろうと思います。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「電子署名法は、スマートコントラクトに耐えられるか。」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 「情報漏えいが疑われる場合の対応方法」が、弁護士ドットコムに掲載…
  2. 経済安保の法-インフラの海外IT活用に規制 政府、法に安保基準 …
  3. 接触確認アプリリリースを踏まえてアップデートしました「新型コロナ…
  4. わかりやすい「デジタル署名の呪縛」例-ITメディアの記事
  5. 北條先生の「サイバー対策 法見直し必要」の続き
  6. GCSC スタビリティ報告書 分析2
  7. 経済安保2.0?-経済安保の担当役員設置、政府が主要企業に要請へ…
  8. デジタル通貨、厳格規制求める 欧州5カ国、「リブラ」は困難か
PAGE TOP