電子署名法は、スマートコントラクトに耐えられるか。

2条Q&A3条Q&Aがでて、さらにいろいろな案内本や解釈論文がでつつあるわけですが、2020年に解説を書くのであれば、スマートコントラクトにおける意思表示を示すための措置が、「電子署名」に該当するのか、というのを検討すべきだろうと思います。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「電子署名法は、スマートコントラクトに耐えられるか。」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 新たなサイバーセイキュリティ戦略と法-「サイバー攻撃「国家のリス…
  2. SolarWinds作戦の国際法的分析について
  3. 民間衛星の攻撃対象性・攻撃の条件・民間による正当防衛の可否(武力…
  4. 証券監視委「デジタル鑑識」へ新設部署
  5. コンタクトトレーシングアプリの最適な設計のための考え方
  6. NICT法改正と不正アクセス禁止法
  7. EU、初のサイバー攻撃に対する制裁を決定
  8. CyConX travel report Day One Key…
PAGE TOP