「情報セキュリティベンダに対する刑事法の萎縮的効果と法律」の講演資料

今年の3月19日にオンラインで開催されました、Network Security Forum 2021における「情報セキュリティベンダに対する刑事法の萎縮的効果と法律」の講演資料をアップロードしてもらいました。リンクは、こちらです

「デジタル時代の刑事法-第9回 成長戦略ワーキング・グループ」のエントリで記載しましたように、セキュリティサービス事業者等においては、法執行機関が、サイバー刑事法の適用について、懸念を抱いているところでして、そのような懸念から、

法執行機関に対して
法執行が、実際の技術の運用-十分な知識を有さないまま
法の解釈・適用が、明確性を欠くのではないか

という懸念をもっていて、それから、解釈・適用についてのガイドラインを公にしてもらいたいと考えており、国際的にもそのような努力をしている国が多数ある

という認識をもってもらいたいところであるといえるかと思います。

関連記事

  1. 北條先生の「サイバー対策 法見直し必要」の続き
  2. データ主権維持のための公的データの域内保存-フランスの国家クラウ…
  3. スケートボードの脆弱性
  4. 米国宇宙政策2020年-セクター間ガイドライン
  5. オープンソース成分はお好き?「ソフトウエア成分表-SBOM」につ…
  6. 日航偽メール3億8000万被害-メールは、ハガキですよ
  7. なぜ、経営者にとってサイバーセキュリティのマネジメントは難しいの…
  8. 通信の秘密の数奇な運命(国際的な側面)と「国力としての防衛力を総…
PAGE TOP