「情報セキュリティベンダに対する刑事法の萎縮的効果と法律」の講演資料

今年の3月19日にオンラインで開催されました、Network Security Forum 2021における「情報セキュリティベンダに対する刑事法の萎縮的効果と法律」の講演資料をアップロードしてもらいました。リンクは、こちらです

「デジタル時代の刑事法-第9回 成長戦略ワーキング・グループ」のエントリで記載しましたように、セキュリティサービス事業者等においては、法執行機関が、サイバー刑事法の適用について、懸念を抱いているところでして、そのような懸念から、

法執行機関に対して
法執行が、実際の技術の運用-十分な知識を有さないまま
法の解釈・適用が、明確性を欠くのではないか

という懸念をもっていて、それから、解釈・適用についてのガイドラインを公にしてもらいたいと考えており、国際的にもそのような努力をしている国が多数ある

という認識をもってもらいたいところであるといえるかと思います。

関連記事

  1. 「サイバー攻撃による重要インフラサービス障害等の深刻度評価基準(…
  2. オンラインでの個人識別.検証-第9回 成長戦略ワーキング・グルー…
  3. 読売新聞 「IoT攻撃 情報共有」の記事
  4. オープンソース成分はお好き?「ソフトウエア成分表-SBOM」につ…
  5. 電子署名法が、eシールを認めていないといったのは誰か?
  6. ワールド経済フォーラムの「サイバー犯罪防止-ISPの原則」(4)…
  7. データの越境所在のリスク-海外に顧客情報、金融機関の4割 ルール…
  8. SolarWinds作戦の国際法的分析について
PAGE TOP