制定法における電子署名の概念

電子署名法は、2条1項としては、行為「者」が、ドキメュントに法的効果を与えるとして電気通信的な信号を与えることで足りるのではないか、というのを書いたのですが、そうなると問題なのは、実際の制定法が、デジタル署名を前提に電子署名といっているのではないか、バランスを失しないかという懸念かと思います。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「制定法における電子署名の概念」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 三省共同電子契約サービスQ&A(3条関係)を読む
  2. 「電子署名法の数奇な運命」アップデートしました。
  3. 2条電子署名は認印、3条電子署名は、実印-第11回 成長戦略ワー…
  4. 検索市場の競争について-マイクロソフトポイント
  5. ウォーレン&ブランダイス
  6. 米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(4)
  7. パーソナライズド・サービスに対する消費者選好に関する研究
  8. 仮想通貨に関する追跡可能性の動向と韓国における犯罪捜査のチャレン…
PAGE TOP