電子署名Q&Aを比較法(UNCITRAL電子署名モデル法)のなかで位置づけてみる

総務省・法務省・経済産業省の「利用者の指示に基づきサービス提供事業者自身の署名鍵により暗号化等を行う電子契約サービスに関するQ&A」になりますが、これについて概観を「電子署名Q&Aについて」というエントリであげてみました。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「電子署名Q&Aを比較法(UNCITRAL電子署名モデル法)のなかで位置づけてみる」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. デジタル庁と電子署名法
  2. 「暗号資産」の用語について (1)
  3. 「住民票LINE交付巡り、技術提供会社が国を提訴」の記事
  4. 通貨主権とは何か
  5. PEPPOLとUBL
  6. 公文書管理法と電子契約 第3回 デジタルガバメント ワーキング・…
  7. 米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(4)
  8. デジタル通貨、厳格規制求める 欧州5カ国、「リブラ」は困難か
PAGE TOP