電子署名Q&Aを比較法(UNCITRAL電子署名モデル法)のなかで位置づけてみる

総務省・法務省・経済産業省の「利用者の指示に基づきサービス提供事業者自身の署名鍵により暗号化等を行う電子契約サービスに関するQ&A」になりますが、これについて概観を「電子署名Q&Aについて」というエントリであげてみました。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「電子署名Q&Aを比較法(UNCITRAL電子署名モデル法)のなかで位置づけてみる」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. eIDASのレビュープロセスからeIDAS2.0への途
  2. アップデートのお知らせ「新型コロナウイルス対プライバシー-コンタ…
  3. 初体験/アラゴン・ハイ-DAOの法律問題-ワイオミングDAO法翻…
  4. 「DAOは、Web3だけでタリンにいけるか?-DAOを作ってみる…
  5. 仮想通貨セッション@InternetWeek
  6. 取締役会の議事録承認 クラウドで電子署名 法務省、手続き簡素に
  7. クラウド契約の法的リスク記事について
  8. 「経済財政運営と改革の基本方針 2020(仮称) 」と電子契約
PAGE TOP