情報処理 2017年11号「IoT時代のセーフティとセキュリティ」

タイトル通りですが、情報処理 2017年11号は、特集が「IoT時代のセーフティとセキュリティ」になります。

この問題については、私は、「IoT の脆弱性と安全基準との法的な関係」という論文を記していた(InfoCOM Review 第69号(2017年7月31日発行) )こともあり、興味深く読ませていただきました。

それらしき記述はありますが、「セーフティとは○○である」これに対して「セキュリティは、××である」という定義に該当する記載がないので、締まりが悪く感じてしまいます。また、保安基準、安全基準とセキュリティの関係についての議論もありません。

情報処理学会だからといって、社会的なアプローチが軽視されているのではないでしょうか、というちょっとした感想をもってしまいました。

関連記事

  1. なぜ、経営者にとってサイバーセキュリティのマネジメントは難しいの…
  2. サイバー攻撃にも集団的自衛権 政府「武力行使しうる」
  3. パイプライン攻撃事件の法的論点 (支払うべきか、支払わざるべき…
  4. 「政府機関等における 今後の LINE サービス等の利用の際の考…
  5. CyConX travel report Day One Key…
  6. EMPACTとサイバー犯罪対策(Project Nova) (2…
  7. FIRSTのトラフィック・ライト・プロトコル
  8. サービスとしてのランサムウエア-「サイバー攻撃、実行容易に」の記…
PAGE TOP