情報処理 2017年11号「IoT時代のセーフティとセキュリティ」

タイトル通りですが、情報処理 2017年11号は、特集が「IoT時代のセーフティとセキュリティ」になります。

この問題については、私は、「IoT の脆弱性と安全基準との法的な関係」という論文を記していた(InfoCOM Review 第69号(2017年7月31日発行) )こともあり、興味深く読ませていただきました。

それらしき記述はありますが、「セーフティとは○○である」これに対して「セキュリティは、××である」という定義に該当する記載がないので、締まりが悪く感じてしまいます。また、保安基準、安全基準とセキュリティの関係についての議論もありません。

情報処理学会だからといって、社会的なアプローチが軽視されているのではないでしょうか、というちょっとした感想をもってしまいました。

関連記事

  1. (国際的な)「サイバーテロ」の用語について
  2. IoTの法律問題
  3. 7月2日の「規制改革推進に関する答申」と電子署名
  4. 3ラインモデルと監査等委員会設置会社の法
  5. 機器干渉、国家トロイ、ボット武装解除、ビーコン-警察庁の新組織と…
  6. サイバーセキュリティ大統領令
  7. 「サイバーセキュリティパートナーシップ構築宣言」の経緯・現状・法…
  8. 自動車の特定改造等の許可制度を本年11月より開始します ―適切な…
PAGE TOP