2004年の竹田御眞木 「電子署名法の概要と動向について」を読む

電子署名法について、Q&Aがだされるというエントリを作成しました。あと、電子署名の制定に際して、膨大な比較法的検討がなされた、ということも触れました(電子署名法の数奇な運命シンガポール法の示唆)。


「電子署名法の数奇な運命」をキンドル出版することにともない、「2004年の竹田御眞木 「電子署名法の概要と動向について」を読む」のブログは、撤回させていただきます。上記著書で筆者の見解を整理した上で、明らかにしておりますので、ぜひとも講読いただけると幸いです。

関連記事

  1. 3条Q&Aの罪 「悔い改め」たのか?-第3回 デジタル…
  2. トラストの定義
  3. 米国の「連邦組織取引における電子署名の利用」(4)
  4. 第3回 デジタルガバメント ワーキング・グループ 議事次第 (…
  5. 「ダークパターン」の法的問題-ネットのワナをどう規制するのか?
  6. 電子署名の概念整理(当事者型対クラウド型(リモート署名・立会人型…
  7. UNCITRAL「アイデンティティ管理およびトラストサービスの利…
  8. 仮想通貨に関する追跡可能性の動向と韓国における犯罪捜査のチャレン…
PAGE TOP