北朝鮮で大規模なネット障害か

北朝鮮で大規模なネット障害か  という報道がなされています。以前のポストで、対抗措置に触れましたが、真実のところは、法的には、対抗措置としてインテリジェンス(准軍事的手法)が選択されたと考えることも可能かと思われます。 国際法的には、適法ですが、非公然なうちになされるので、対抗措置かどうかさえもわからない、という形になるものと考えられます。

関連記事

  1. 越後湯沢20回目記念祝賀会
  2. パイプライン攻撃事件の法的論点 (「Good wife」の予言…
  3. 米国宇宙政策2020年-セクター間ガイドライン
  4. LINE Transparency Report(2016年下半…
  5. Cycon 2019 traval memo day2 (4)
  6. 「情報セキュリティベンダに対する刑事法の萎縮的効果と法律」の講演…
  7. 脅威情報共有のプラットフォーム(5)-MISPとNIS指令
  8. デジタル時代の刑事法-第9回 成長戦略ワーキング・グループ
PAGE TOP