飯野町「UFO研究所」開所記念-米国 情報長官室のUAP報告書 全訳

飯野町「UFO研究所」開所ということで、その記念に?米国の国家情報長官室から、UFOレポートが公表されています。

宇宙法の研究のひとつとして、これは、翻訳をしないといけないかと思います。翻訳する前に、雰囲気をあげるために「謎の円盤 ufo オープニング」をご覧いただくことをおすすめします?

ThanX

-----------

国家情報長官室
予備的評価
未確認飛行物体(Unidentified Aerial Phenomena)
2021年6月25日

範囲及び前提条件

範囲

本予備報告は、2021年度の情報認可法(IAA)に付随する上院報告116-233の規定に基づき、国家情報長官(ODNI)が、国防長官と協議の上、未確認航空現象(UAP)がもたらす脅威と、国防省未確認航空現象タスクフォース(UAPTF)がこの脅威を理解するために行った進捗状況についての情報評価を提出するものである。

本報告書は、政策立案者に対して、UAPがもたらす潜在的な脅威の特徴づけに関連する課題の概要を示すとともに、米軍やその他の米国政府(USG)の人員がUAPに遭遇した場合に、関連するプロセス、政策、技術、訓練を開発するための手段を提供し、脅威を理解するための情報コミュニティ(IC)の能力を高めることを目的としています。UAPTF長官は、UAPに関するデータのタイムリーな収集と統合を保証する責任を有する。本報告書に記載されているデータセットは、現在、主に2004年11月から2021年3月までに発生したインシデントに関する米国政府の報告に限定されています。データは引き続き収集・分析されています。

ODNIは議会の情報委員会および軍事委員会のために本報告書を作成しました。UAPTFとODNIの航空担当国家情報マネージャーが本報告書を起草し、USD(I&S)、DIA、FBI、NRO、NGA、NSA、空軍、陸軍、海軍、Navy/ONIから情報提供を受けた。DARPA、FAA、NOAA、NGA、ODNI/NIM-Emerging and Disruptive Technology、ODNI/National Counterintelligence and Security Center、ODNI/National Intelligence Councilからの情報をもとに作成された。

前提条件

UAPを登録する様々な形態のセンサーは一般的に正しく動作し、初期評価を可能にする十分な実データを捕捉するが、一部のUAPはセンサーの異常に起因している可能性がある。

概要(EXECUTIVE SUMMARY)

未確認航空現象(UAP)に関する質の高い報告が限られているため、UAPの性質や意図についてしっかりとした結論を出すことができないでいる。UAPTF(未確認飛行現象タスクフォースUnidentified Aerial Phenomena Task Force)は、米軍やIC(Intelligence Community)の報告書に記載されているUAPに関するさまざまな情報を検討したが、報告書には十分な具体性がなかったため、UAP事象の分析に十分なデータを提供するためには、独自にカスタマイズした報告プロセスが必要であると最終的に認識した。

  •  その結果、UAPTFは2004年から2021年の間に発生した報告書に集中してレビューを行いました。これらの報告書の大部分は、正式な報告書を通じてUAP事象をよりよく捉えるための新しい調整されたプロセスの結果です。
  •  報告されたUAPの大半は、レーダー、赤外線、電気光学、武器シーカー、目視など複数のセンサーで登録されていることから、おそらく物理的な物体を表していると思われる。

限られた数の事例では、UAPが異常な飛行特性を示したと報告されている。これらの観測結果は、センサーのエラー、スプーフィング、あるいは観測者の誤認の結果である可能性があり、さらに厳密な分析が必要である。

利用可能な報告書に記載されている様々な外観や行動に基づいて、異なる説明を必要とする複数のタイプのUAPが存在すると思われる。我々のデータ分析では、個々のUAP事件が解決された場合、それらは5つの潜在的な説明カテゴリーのいずれかに分類されるという仮説を支持している:空中クラッタ、自然の大気現象、米国政府または米国産業の開発プログラム、外国の敵対的システム、そして「その他」という包括的な分類である。

UAPは明らかに飛行安全上の問題を提起しており、米国の国家安全保障にも影響を与える可能性がある。安全性の問題は主に、ますます混雑していく空域に対処する飛行士にある。また、UAPが外国の敵対者の収集プラットフォームであったり、潜在的な敵対者が画期的な技術や破壊的な技術を開発した証拠となる場合には、国家安全保障上の課題となる。

連邦政府全体からの報告を一貫した統合し、報告を標準化し、収集と分析の増加し、関連する米国政府の広範なデータと比較してそのような報告をすべてスクリーニングするためのプロセスを合理化することによって、我々は、UAPをより理解を深めて、洗練された分析が可能になる。これらのステップの中には、リソースを必要とし、追加投資を必要とするものもある。

利用できる報告書は、ほとんどが、結論を明確にしていない(AVAILABLE REPORTING LARGELY INCONCLUSIVE)

限られたデータが大抵の未確認飛行現象を説明できないままである(Limited Data Leaves Most UAP Unexplained…)

限られたデータと報告の不整合は、UAPを評価する上での重要な課題です。海軍が2019年3月に確立するまで、標準化された報告メカニズムは存在しませんでした。その後、空軍が2020年11月にその仕組みを採用しましたが、依然としてUSG()の報告に限定されています。UAPTF(タスクフォース)は、調査中に、観測者による公式または非公式の報告書には記載されていないが、発生した他の観測についての逸話を定期的に耳にしました。

これらの情報を慎重に検討した結果、UAPTFは、主に軍の飛行士が直接目撃したUAPに関する報告で、信頼できると思われるシステムから収集されたものに焦点を当てました。これらの報告書は、2004年から2021年の間に発生した事件について書かれたもので、大部分は新しい報告メカニズムが軍用航空コミュニティに周知されるようになったこの2年間に発生したものです。その結果、信頼度の高いUAPが1件報告されていました。このケースでは、物体は大きくて収縮する風船であることが確認されました。その他の報告は、依然として原因不明です。

 米軍からの報告は144件ありました。

o ほとんどの報告は、UAPが事前に計画された訓練やその他の軍事活動を妨害する物体であると説明している。

UAP収集の課題

社会文化的なスティグマとセンサーの限界が、UAPに関するデータ収集の障害となっている。例えば、軍用機や民間機の飛行の安全性を確保するためにレーダーのクラッターを適切に除去する方法などの技術的な課題は、航空業界では長年の課題となっていますが、UAPの問題セットに固有の課題もあります。

  •  運用コミュニティの飛行士や、軍やICのアナリストは、UAPを観察したり、報告したり、同僚と議論しようとしたりすることに関連する軽蔑について語っている。科学、政策、軍事、情報コミュニティの上級メンバーが公の場でこの話題に真剣に取り組むようになって、こうしたスティグマの影響は軽減されてきたが、風評被害のリスクにより多くの観測者が沈黙し、この話題の科学的追求が複雑になっている。
  •  米軍のプラットフォームに搭載されているセンサーは、通常、特定のミッションを遂行するために設計されています。そのため、これらのセンサーは一般的にUAPの識別には適していません。
  •  UAPと既知の物体とを区別し、UAPが航空宇宙分野で画期的な能力を発揮しているかどうかを判断するには、センサーの見晴らしの良さと、同時に物体を観測しているセンサーの数が重要な役割を果たします。光学センサーは、相対的なサイズ、形状、構造をある程度把握できるという利点がある。高周波センサーは、より正確な速度と範囲の情報を提供する。

潜在的なパターンが浮上

報告には大きなばらつきがあり、データセットは現時点では限られているため、詳細な傾向やパターンを分析することはできませんが、形状、サイズ、そして特に推進力に関して、UAPの観測にはいくつかのクラスター化が見られました。また、UAPの目撃情報は米国の訓練・実験場周辺に集中する傾向があったが、これは注目度の高さ、最新世代のセンサーの数の多さ、部隊の期待、異常を報告するようにとの指導の結果、収集バイアスがかかっているのではないかと評価している。

先進的な技術を示すUAP

18件、21件の報告書に記載されていますが、観察者はUAPの異常な動きや飛行特性を報告しています。

いくつかのUAPは、風の中で静止しているように見えたり、風に逆らって動いたり、急に操縦したり、かなりの速度で移動したりしていたが、推進手段は見当たらなかった。少数のケースではあるが、軍用機のシステムがUAPの目撃情報に関連する無線周波(RF)エネルギーを処理した。

UAPTFは、UAPが加速しているように見える少量のデータや、ある程度のシグネチャ管理を行っているように見えるデータを保持しています。これらのデータの性質と妥当性を判断するためには、複数のチームまたは技術専門家グループによる追加の厳密な分析が必要です。私たちは、画期的な技術が実証されたかどうかを判断するために、さらなる分析を行っています。

UAPは単一の説明を欠く

今回の限られたデータセットで記録されたUAPは、様々な空中行動を示しており、異なる説明を必要とする複数のタイプのUAPが存在する可能性が強まっている。我々のデータ分析では、個々のUAP事件が解決された場合、それらは5つの潜在的な説明カテゴリーのいずれかに分類されるという仮説を支持している。報告されたUAPが空気中の散乱物、特に膨らんだ風船であると確信を持って判断した1つの事例を除いて、現在、データセットにはインシデントを特定の説明に帰すための十分な情報がありません。

空中クラッタ。鳥、気球、レジャー用の無人航空機(UAV)、ビニール袋などの空中のゴミなど、シーンを混乱させ、オペレーターが敵機などの真のターゲットを識別する能力に影響を与える物体。

自然の大気現象。大気中の自然現象には、氷の結晶、湿気、熱の変動などがあり、赤外線やレーダーシステムに記録されることがあります。

米国政府または産業界の開発プログラム。一部のUAP観測は、米国企業による開発や機密プログラムに起因する可能性があります。しかし、これらのシステムが我々の収集したUAPレポートのいずれかを占めていることは確認できませんでした。

外国の敵対勢力のシステム。UAPの中には、中国、ロシア、他国、または非政府組織によって展開された技術である可能性があります。

その他 我々のデータセットに記載されているUAPのほとんどは、データが限られていたり、収集処理や分析に課題があったりして、おそらく未確認のままであるが、それらのいくつかをうまく収集し、分析し、特徴づけるためには、追加の科学的知識が必要となるかもしれない。このような物体は、科学的な進歩によって理解が深まるまでは、このカテゴリーに分類されます。UAPTFは、UAPが異常な飛行特性やシグネチャ管理を行っていると思われる少数のケースに焦点を当てて追加分析を行う予定です。

UAPは飛行の安全を脅かし、国家安全保障にも影響を及ぼす可能性がある

UAPは飛行の安全を脅かすだけでなく、外国政府による米国の軍事活動に対する高度な情報収集や、潜在的な敵国による画期的な航空宇宙技術を示す事例があれば、より広範な危険性をもたらす可能性があります。

継続的な空域への懸念

飛行士は、安全上の問題に遭遇した場合、その問題を報告することが求められます。射撃場に侵入した際の危険物の位置、量、挙動によっては、パイロットはテストや訓練を中止し、航空機を着陸させることがあり、これは報告を抑止する効果がある。- UAPTFには、パイロットがUAPとのニアミスを報告した事例が11件記録されている。

潜在的な国家安全保障上の課題 現在、UAPが外国の収集プログラムの一部であることを示すデータや、潜在的な敵国による大きな技術的進歩を示すデータはありません。私たちは、いくつかのUAPが軍事施設の近くや米国政府の最新センサーシステムを搭載した航空機によって検出されていることから、そのようなプログラムの証拠を監視し続けていますが、これはカウンターインテリジェンス上の課題です。

UAPを説明するには、分析、収集、資源の投入が必要

報告の標準化、データの統合、分析の深化 2021年度のIAAに付随する上院報告書116-233の規定に沿って、UAPTFの長期的な目標は、作業範囲を拡大して、より広範な米国政府の人員および技術システムによって記録された追加のUAP事象を分析に含めることである。データセットの増加に伴い、UAPTFがデータ分析を用いて傾向を検出する能力も向上します。当初は、人工知能や機械学習アルゴリズムを用いて、データの特徴の類似性やパターンをクラスター化して認識することに重点を置く。気象観測気球、高高度気球、超高圧気球、野生動物など、既知の空中物体からの情報がデータベースに蓄積されていく中で、機械学習によってUAPの報告を事前に評価し、それらの記録がデータベースにすでに登録されている類似のイベントと一致するかどうかを確認することで、効率性を高めることができる。

  •  UAPTFは、収集と分析の両方が十分な情報を得て調整されるよう、省庁間の分析・処理ワークフローの開発に着手しています。

UAPデータの大部分は米海軍からの報告によるものですが、特定のインシデントとそれに関連する米国の活動に関して、すべての関連データを確実に取得するために、米軍やその他の政府機関のインシデント報告を標準化する努力が行われています。UAPTFは現在、米空軍をはじめとする追加報告書の取得に取り組んでおり、米連邦航空局(FAA)からのデータ受領も開始した。

– 米国空軍のデータ収集は歴史的に限られていましたが、米国空軍は2020年11月に6か月間のパイロットプログラムを開始し、UAPに遭遇する可能性の高い地域での収集を行い、将来的に空軍全体での収集、報告、分析を正常化する方法を評価しています。

– FAAは、航空交通業務を管理する通常業務の中で、UAPに関連するデータを取得しています。FAAは通常、パイロットやその他の空域利用者がFAAの航空交通機関に異常な出来事や予期せぬ出来事を報告すると、このデータを取り込みます。

– また、FAAは、システムに異常がないかを継続的に監視しており、UAPTFが利用できる可能性のある追加情報を生成しています。FAAは、UAPTFが関心を持つデータを分離し、それを利用できるようにしている。FAAは、強力かつ効果的なアウトリーチプログラムを有しており、UAPTFが航空コミュニティのメンバーにUAP報告の重要性をアピールするのに役立つ。

収集の拡大

UAPTFは、「標準的な」UAP活動を基準とし、データセットの収集バイアスを軽減する方法として、米軍が駐留していないUAPクラスター地域の収集を増やすための斬新な方法を模索しています。レーダーで撮影・保存された過去のデータを高度なアルゴリズムで検索するという案もあります。UAPTFはまた、国防総省と国際社会からの関連する収集プラットフォームと方法を活用するために、現在の省庁間のUAP収集戦略を更新する予定である。研究開発への投資拡大 UAPTFは、研究開発への追加資金によって、本報告書に記載されたテーマの将来的な研究を進めることができると指摘している。そのような投資は、UAP収集戦略、UAP研究開発技術ロードマップ、およびUAPプログラム計画によって導かれるべきである。

------

ということで、全訳をしてみました。

UAPが政府の国家安全保障の重要な課題のひとつであり、これに対して、きちんと予算等が与えられるべきであるというのは、非常に重要な指摘であろうと思います。

福島市飯野町UFOふれあい館「UFO研究所」開所というのも、報道されていますね。Youtubeから。 

 

関連記事

  1. アルテミス計画と法(1)
  2. 日米がJEDI締結 日本人が月面着陸へ
  3. 高まる「宇宙依存」、軍事衛星へのサイバー攻撃に英RIIAが警鐘
  4. 続・宇宙-サイバーセキュリティ法の最後のフロンティア その3
  5. すでにTeamsを使用していて、裁判所にゲストとして参加する場合…
  6. アルテミス計画と法(3)
  7. G7 コーンウォールサミットとサイバー/宇宙法
  8. ロケット安全基準
PAGE TOP